【2018菊花賞 予想】本命は能力上位のあの馬!

スポンサーリンク

おはようございます!

菊花賞の予想で悩みすぎたら朝になってました(^^;

土曜競馬は久しぶりにストレスが溜まる展開だったのですが、少しだけ振り返り(^^;;

オープニングは期待していたPOG指名馬、ブランノワールの新馬戦。1番人気に支持されていましたしかなり期待していたのですが、ちぐはぐな競馬で3着(>_<)

レース慣れと距離延長で道中の追走が楽になれば、未勝利はあっさり勝ち上がれそうなのが救い。

富士ステークスは◎レッドアヴァンセが好走してくれたものの、ワントゥワンにハナ差で差されてしまい3着(>_<)

3連複が安すぎたので、馬連や3連単で勝負してこれが完全に裏目…

そして、最終レース◎ダイワスキャンプの複勝で勝負して4着で完全に止めを刺されました\(^-^)/

最近、北村宏司騎手と相性悪いんですよね。

しかも、相性悪いと思うと買いたい馬に乗ってる率が上がる気がする…
そろそろ仲直りしたいのだが(^^;;

 

それにしても、最近の競馬ファンのレベルは高すぎませんか?

ロジクライを直前まで1番人気にして、レッドアヴァンセまできっちり人気に。

3連複がこの組み合わせで4番人気ですからね(^^;

 

大混戦の菊花賞は皐月賞馬を差し置いて、ブラストワンピースとエタリオウが人気にされていますが、果たしてどうなるでしょうか?

 

菊花賞 予想

 

京都3000mで行われる伝統重賞菊花賞。

3冠の中で最も長い距離で行われる上に、菊花賞と万葉ステークスでしか使われない京都3000mという特殊なコース。

ダービー馬不在でかなりの混戦模様だが、先行馬もしっかりそろっているので見ごたえのあるレースになりそう。

 

本命◎はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ
(ブログ紹介欄のところに馬名が書いてあります。お手数ですがよろしくお願いいたします。)

軽視まで考えていた馬なのだが、今年はこの馬に託す!!

本来、穴馬から勝負したいと思っていたレースなのだが、狙っていた馬がこぞって外枠に入ってしまった。

各馬、ケチの付け所があるが、この馬の不安は脚質と詰めの甘さだけ。

春の競馬や前走を見る限り、適性や能力はこのメンバーでは上位なはず。

この舞台では、過剰に人気になるほど信頼できる騎手ではないが、前走より工夫して乗ってくれそう。

 

対抗は〇アフリカンゴールド

展開、距離適性を考えれば、この馬でも通用してもおかしくない。

中京2200m、阪神2400mと力がなければ好走できないコースでどちらも楽勝。

松若騎手、条件戦上がりと人気にならなそうなので狙ってみる価値はあるだろう。

 

▲ステイフーリッシュ

もっと内に入ってくれれば、対抗くらいまで考えていたのだがこの枠ではこのくらいが精一杯か。

超ハイペースの京都新聞杯を先行して完勝したのは、能力のある証。

ダービーは後方からの競馬で全く見せ場なしだったが、こんな競馬で好走できるはずもなく度外視可能。

前走の神戸新聞杯は、いいポジションで競馬をして5着だったので見せ場がなかったように映るかもしれないが、休み明けで末脚勝負になってしまえばこの結果でも仕方ない。

今回は、先行馬がある程度引っ張ってくれそうなので、上手く内に入れて先行できれば。

 

☆エポカドーロ

皐月賞1着、ダービー2着なのに、このメンバーに入って3番人気。

神戸新聞杯の敗因は、スタートの躓きで自分のレースができなかったから。最後に止まったように映ったが、菊花賞はうまく立ち回れば距離が持ってしまうレース。

藤原厩舎は叩き2走目できっちり仕上げてくるし、いい枠を引くことができた。自分の形にもっていければ。

戸崎騎手が関西のGⅠで人気馬に騎乗は地雷な気もするが…

 

△ブラストワンピース

王道路線のレースをダービーしか走っておらず、そのダービーも不利を受けて力を出し切れず。

新潟記念はド派手なレースだったものの、倒した相手はかなり弱かった。

内枠を引けたのはいいのだが、ローテーション、レースセンスに不安もありこの人気なら少し嫌ってみたい。

 

△ジェネラーレウーノ

最内枠のアイトーンを行かせてスッと2番手インのポジションを取れそう。

スタミナの問われないダービーこそ惨敗したものの、スタミナ勝負なら当然上位。

 

 

△メイショウテッコン

逃げ馬なので、好走してもフロックとみられがちだが、この馬は相当強いはず。

神戸新聞杯は阪神2400mという逃げが非常に決まりにくいレースで、相手はダービー馬なのだから負けて強しという内容。

今回は同型が多いので評価を下げたが、あっさり4コーナー先頭から押し切ってもおかしくない。

 

△ユーキャンスマイル

前走、古馬混合1000万条件のの阿賀野川特別を好時計で完勝。

ただ、やはりキンカメ産駒にこのレースは合わないし、右回りに不安も残る。

 

△フィエールマン

まだ、ラジオNIKEI賞しか走っておらずなかなか評価が難しいが、前開催の福島競馬はパワーが問われる馬場だった。

ルメールで過剰人気しているし、ディープ産駒なのでこの舞台ががあっているとは思えないが、前走の内容を考えれば一応抑えておきたい。

 

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇アフリカンゴールド
▲エポカドーロ
☆ステイフーリッシュ
△ブラストワンピース
△ジェネラーレウーノ
△メイショウテッコン
△ユーキャンスマイル
△フィエールマン

 

買い方

馬連、ワイド

◎-〇▲

3連複

◎-〇▲☆-印

スポンサーリンク