【2018紫苑ステークス 予想】今年は低レベル!?

スポンサーリンク

 

2018年9月8日に中山競馬場、芝2000mで行われる紫苑ステークスのレース傾向と有力馬考察です!

紫苑ステークスの主な出走予定馬は、マウレア、ノームコア、パイオニアバイオ、レッドベルローズ、オハナ、サラス、ランドネなど。

紫苑ステークス 予想

 

中山競馬、開幕週に行われる秋華賞トライアルの紫苑ステークス。

長い間、秋華賞はローズステークス組が圧倒的な成績を残しており、紫苑ステークス組は空気のようになっていたが、2016年より重賞化されると、2年連続で紫苑ステークスから秋華賞馬が誕生。

 

確実にこのレースのレベルは上がってきているが、今年はそれほどハイレベルなメンバーではなさそう。

 

 

本命◎はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ
(ブログ紹介欄のところに馬名が書いてあります。お手数ですがよろしくお願いいたします。)

未勝利戦でのデビューだったが、いきなり18番枠から4コーナーで早めに動く強気な競馬で勝利。

ここ2走は負けてしまっているが、どちらもポジション負けしているだけで能力は相当なものがありそう。

未勝利戦で見せた中山適性を考えれば、今年のメンバーくらいなら十分通用しそう。

 

〇パイオニアバイオ

なかなか勝ちきれず未勝利脱出には時間がかかってしまったがこれは能力が低いからではなく、キレる脚がないから。

未勝利を勝ち上がり挑戦したフローラステークスではいきなり好走しているし、ノームコアとの比較を考えればこちらを上位に取ったほうが期待値的には高いはず。

前走は先行できず、持ち味を出せなかったのにそんなに負けていない7着。

中山2000mというスタミナが求められるレースは向いているはずだし、先行してくれれば。

 

▲マウレア

阪神JFからクイーンカップを挟む過酷なローテーションで春の牝馬クラシック王道路線を堅実に走り切った。

今年はクラシック路線のレベルは高かったが、それ以外の路線はレベルが低そう。

ここまでの実績は今回のメンバーで間違いなく1番だが、1枠1番、トライアルレース、1番人気と不安な点も多い。

スパッと勝ちきれるタイプでもないので、2~3着までの馬券を中心に買いたい。

 

☆ハーレムライン

距離延長が嫌われそうだが、穴馬としては面白い1頭。

崩れた桜花賞は先行せず、マンハッタンカフェ産駒が走れない馬郡に揉まれるような競馬をしてしまった。

今回は、外枠からある程度先行できるだろうし、1600mではいいレースがずっとできていたのでいい時の走りができれば。

 

△サラス

能力はありそうだが、とにかく不器用で戦法も大外一気だけ。

田辺騎手はこういう馬に乗せると上手いので、最大限力を出し切れれば。

 

△レッドベルローズ

休み明けで前走のフローラステークスは高評価できるようなレース内容ではなかったが、フェアリーS、ミモザ賞と中山コースでは別馬のようにパフォーマンスを上げる。

外枠が大きなマイナスにならないような馬場状態なら。

 

△ノームコア

ルメール騎手ということで売れすぎ。

フラワーカップ、フローラステークスともにレベルの高いレースだったとは言えない。

大きなマイナス要素はないが、正直買いたい要素は騎手くらい。

一応抑えて飛ぶの待ち。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇クイーングラス
▲マウレア
☆ハーレムライン
△サラス
△レッドベルローズ
△ノームコア
△ランドネ
△ロサグラウカ

 

買い方

 

馬連

◎-〇▲☆

3連複

◎-〇▲☆-印

 

スポンサーリンク