【2018神戸新聞杯 レース傾向と有力馬考察】

スポンサーリンク

2018年9月23日に阪神競馬場、芝2400mで行われる菊花賞トライアル神戸新聞杯のレース傾向と有力馬考察です!

神戸新聞杯の主な出走予定馬は、エポカドーロ、ワグネリアン、エタリオウ、ステイフーリッシュ、ゴーフォザサミット、メイショウテッコン、アドマイヤアルバなど。

 

神戸新聞杯

同じ菊花賞トライアルでも、セントライト記念がトリッキーなコースで行われるのに対して、神戸新聞杯は阪神2400mという能力の高さが問われる舞台で行われるトライアルレース。

同距離のダービーが立ち回り勝負なりやすく、瞬発力、レースセンス、枠順などが重要なレースなのに対し、神戸新聞杯は力のある馬が好走するので、全く問われる適性が異なるのだが、このレースはダービー組の成績が非常にいい。

基本的に堅く収まるレースなので、シンプルに強い馬を狙ってみたい。

 

有力馬考察

 

エポカドーロ

皐月賞ではハイペースで飛ばす馬を行かせて早めに抜け出す競馬。ダービーではスタートからあっさりハナを奪い残り100mまで先頭をキープするも最後に差されて2着。

 

レースセンスが高いので崩れにくいタイプではあるだが、ダービー2着だったので、2400mでもこなせるイメージがあるが最後は止まっている印象を受けたので、同じ距離とはいえスタミナを要求される阪神2400mの神戸新聞杯では最後に垂れるかも。

 

ワグネリアン

新馬戦で中京競馬場最速上がり32.6を記録して、東スポ杯まで無傷の3連勝。

弥生賞、皐月賞で負けていたことに加えダービーでは最悪の大外枠を引いたのでノーチャンスだと思っていたのだが、福永騎手がまさかの先行策。

今回は福永騎手が落馬の負傷により乗れず藤岡騎手ということで、おそらく勝ちに行くような競馬はせずに、無理せず、変な癖がつかないように乗りそうなので後方からの競馬で取りこぼしもありそう。

 

エタリオウ

ダービーでは全く展開が向かない中、馬郡を縫って後方から4着。

今回はデムーロを迎えてのレースということで人気にはなってしまいそうですが、追い込みも先行もできる自在性があるし、相手なりに走れるタイプなので過剰人気気味でも買っておきたい。

スポンサーリンク