【2018毎日王冠 レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

おはようございます!

もう今日、出走馬確定なんですね(^^;

今週も3日間開催+凱旋門賞という濃厚なスケジュール(笑)

例年なら凱旋門賞はスプリンターズステークスデーなんですが、今年は暦の都合で今週。

ただ、凱旋門賞デーの翌日に競馬開催を入れるのは本当にやめてほしい(^^;

 

私は、酒を飲みながら凱旋門賞をみたいんじゃーーー!!(笑)

 

思い出に残っている凱旋門賞はいくつかあるのですが、衝撃的だったのはやはり2012年。

日本からオルフェーヴルが参戦ということで友人たちと酒を酌み交わしながら夜中にテレビで応援!

ディープインパクトでも勝てなかったレースですし、そんな簡単ではないと思っていたのですが、なんと直線で早々に抜け出し。

その瞬間に勝ったと思って、友人と大はしゃぎしていたらゴール直前で悪夢が(笑)

今でこそ馬券を買えるようになりましたが、馬券抜きで酒を飲みながら友人と一緒に純粋に日本馬を応援するというのも楽しいですよね(^O^)/

 

ただ、今年は翌日に競馬があるので酒を飲みながらではなく、月曜の競馬予想をしながら楽しむことになりそうです(^^;

 

毎日王冠

 

2018年10月7日に東京競馬場、芝1800mで行われるGⅡ毎日王冠のレース傾向と有力馬考察をしていきまーす!

今年の毎日王冠には、アエロリット、サトノアーサー、ステルヴィオ、ケイアイノーテック、ダイワキャグニー、キセキ、ステファノスなどが出走予定!

 

レース傾向(過去5年)

天皇賞(秋)への前哨戦。

道中スローで流れてからの末脚勝負というのが基本のレースなのだが、どんな馬場状態かによって差しが決まるか先行なだれ込みかが決まる。

どちらにしてもある程度上がりを使えないと勝負にならないので、スローでしっかり上がりを使える馬を狙いたい。

 

有力馬考察

 

アエロリット 現時点での評価 △

日曜中山8Rのヤサシサでさえ4倍台の2番人気にするのだから、モレイラ騎手が騎乗するならこの馬が1番人気だろう。

この馬が崩れたのは、先行すらしなかった桜花賞と重馬場で差し決着になった秋華賞とヴィクトリアマイルだけ。

スローの決め手勝負になりやすいレースで、キレる脚がないので積極的に買いたい馬ではないのだが、モレイラだからなあ(笑)

 

ステルヴィオ ◎

2000mの皐月賞、2400mのダービーとクラシック路線を使われてきたが、ロードカナロア産駒だけあって距離が長かった。

そもそも、皐月賞もダービーも後方からの馬にはノーチャンスだった。

新馬戦、サウジアラビアロイヤルカップの内容を考えれば東京コースで距離短縮なら最大限能力を発揮できそう。

 

サトノアーサー ×

2年前のPOGで一番人気を集めたほどの馬でとにかく潜在的な人気が強い。

人気を吸った時こそ嫌いたい典型的なタイプなのだが、1~3番人気の時は100%複勝圏内で人気を落としたときは馬券外というなんとも馬券泣かせの馬。

メイステークス、エプソムカップ共に展開や枠に恵まれての好走の印象が強く、レースレベルも高くなかった。

嫌って妙味!(のはず)

 

ケイアイノーテック ▲

前走のNHKマイルカップはさすがにはまり過ぎちゃった感じがあるが、よくよくこれまでのレース内容を見返してみると悪いレースは一つもない。

デイリー杯→+22kgの休み明け

朝日杯→4コーナーで狭くなったが、追い込んでステルヴィオと差のない競馬。

こぶし賞→上がり時計のかかるスタミナ勝負。

ニュージーランドトロフィー→中山1600mの大外枠で外をダラダラと走らされ、カツジとアタマ差。

どれも敗因がはっきりしているレースばかり。

3歳馬で古馬との比較が難しいところだが、通用してもおかしくない。

 

ダイワキャグニー △

東京1800mという舞台は得意なはずなのだが、前走が重馬場だったとはいえ負けすぎ。

昨年の毎日王冠はこれ以上ない展開で4着だったし、クラスが上がってくるとキレ負けしてしまいそう。

近走はポジションも取らなくなってきているし、後方からの競馬になるとさっぱりも。

 

おすすめ穴馬!

 

このレースで面白そうな穴馬はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ

決め手比べになりやすいこのレースならこの馬が面白そう。

前走は、前残り決着のレースだったことに加え、4コーナーで捌きに苦労してスムーズに加速できず。

しっかり脚を溜めて2走前のような脚を使えれば。

スポンサーリンク