【2018札幌2歳ステークス レース傾向と有力馬考察】今年はハイレベル!?

スポンサーリンク

 

2018年9月1日に札幌競馬場、芝1800mで行われる札幌2歳ステークスのレース傾向と有力馬考察です!

札幌2歳ステークスの主な出走予定馬は、ウィクトーリア、クラージュゲリエ、クリスタルバローズ、ラブミーファイン、ナイママ、アフランシール、ナンヨーイザヨイなど。

 

ナックビーナスでモレイラ騎手が重賞初勝利をあげましたね(^^)/

逃げることを想定していなかったわけではないのですが、モレイラ騎手が飛ばしすぎず緩めすぎない絶妙なペースで、後続はほとんどの馬が自分のレースをさせてもらえないうちにレースが終了。

上手いのはわかっているのですが、乗っている馬を早く走らせるだけではなく他馬の力を発揮させないレースを作り出すというのは、もう圧巻ですよね(^^;

馬券も◎トゥラヴェスーラが4コーナーを回ってきたときは正直もらったと思ったんですが、最後は止まってしまいました(>_<)

ナックビーナスもダノンスマッシュも相手本線でしたし、ナックビーナス頭勝負も最後まで悩んだ候補だったのでこれは悔しい…

ただ、北九州記念よりも次走以降巻き返しできそうな馬が多そうなので、しっかり復習してこの悔しさは秋競馬の短距離重賞で取り返したいですね!

 

札幌2歳ステークス

 

 

近年は有力馬が東京、阪神でデビューして夏は休養というパターンが増えてきたこともあり、夏競馬は低レベルになりがち。

先週行われた新潟2歳ステークスもケイデンスコールが大外一気の差し切りを決めたものの、派手さほど強そうな印象は受けなかったですし、札幌最終週でパワーの要る馬場を2歳のこの時期に1800m走らせるというのも避けられる原因なのかここ3年くらいの札幌2歳ステークスは明らかに低レベル。

そうなると展開や適性が勝負のカギを握ることになるのだが、今年は頭数が揃いメンバーも今年一番でかなりレベルは高そう。

能力よりも適性や展開が向いた馬が好走するイメージのあったレースだが、今年はスタミナの問われる馬場で能力のある馬が勝ち上がりクラシックを盛り上げられるような馬が誕生しそう。

新馬戦で先行しただけで好走できたような馬は走れないレースになりそうなので、レースレベルはしっかり目定めたい。

有力馬考察

 

ウィクトーリア

新馬戦は馬柱を見ただけだと、1枠1番からの単調な逃げ切りの競馬に映るかもしれないが、同日の年上500万条件と同タイムという圧巻のレコード勝ち。

ただ、前走はスタートで出遅れており、それを出遅れてもこのタイムで勝ったと見るか、不安材料とみるかで判断は分かれそう。

内枠を引いてしまうと、前走と同様のスタートでは被されてしまう可能性が高く、意外と脆い面を見せるかも。

 

クラージュゲリエ

新馬戦は「ぽんっ」とスタートを決めて、抑えて後方から。

道中も口を割るような幼い仕草は見せたものの、4コーナーでモレイラ騎手に追い出されるとあっという間に先団を交わして楽々1着。

今回モレイラ騎手が乗れないというのは残念だが、デムーロ騎手はこの手の馬に乗るのは上手なのであまり気にしなくてもいいかも。

 

アフランシール

新馬戦では癖の悪いところを見せず、馬郡でじっとしていて直線で外に出されるとあっさり抜け出してゴール前ではすでに追うのをやめていた。

時計面ではウィクトーリアに水をあけられているが、これはペースが遅かっただけで引けを取るような内容ではなかった。

レースセンスは良さそうなので安定して走れるタイプ。

 

ナイママ

トラストと似たようなローテを取ってきたが、コスモス賞はメンバーがかなり弱く手放しに評価できるものではなかった。

トラストよりは強そうだし、適性もありそう今年のメンバーは2年前と比べ物にならない。

変に人気するなら嫌ってみたいところ。

 

現時点での軸候補はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ

例年であれば圧倒的な1番人気になってもおかしくないような馬だが、今年はハイレベルなメンバーが揃ろったことで人気は落ち着きそう。

まともに行けばかなり上まで行けそうな素質を感じるので、ここは勝ち上がってほしいです(^^)/

スポンサーリンク