【2018札幌記念 予想】夏の大一番!

スポンサーリンク

 

2018年8月19日に札幌記念場、芝2000mで行われる札幌記念の予想です。

札幌記念の主な出走予定馬は、モズカッチャン、ミッキースワロー、マカヒキ、サングレーザー、サクラアンプルール、ネオリアリズム、ゴーフォザサミット、マイスタイル、マルターズアポジーなど。

 

 

札幌記念 予想

 

夏競馬の大一番札幌記念。

今年は、GⅠでもおかしくないくらいの好メンバー。

マルターズアポジーやアイトーンが出てきたことで道中も緩むことなく、面白いレースが見れそう。

 

 

本命◎はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ
(ブログ紹介欄のところに馬名が書いてあります。お手数ですがよろしくお願いいたします。)

当初は本命予定ではなかったのだが、この枠を引いて今の馬場状態ならこの馬から勝負してみたい。

この馬を評価する上で、やはり一番気になるのは”距離”だろうが、札幌2000mならこなせそう。

札幌1800mを勝っているし、唯一負けた2000m戦は暮れの中山2000mのホープフルステークス。そのホープフルステークスは先行し外から早め先頭という積極的に勝ちに行く競馬をした結果5着だっただけで、見限るには早すぎる。

前走の安田記念はダービーを勝った後の福永騎手が外から積極的に競馬をした結果、脚が溜まらずの5着。今回は内枠を引くことができたし、前走の反省を生かして内でじっくり折り合う競馬をしてくるはず。

そういう競馬をさせれば、福永騎手はうまいので信用してみたい。

 

対抗は〇ミッキースワロー

ここ2走は能力を出し切れていないが、能力や状態面を考えればこの馬には重い印を打っておきたい。

大阪杯は馬場状態を考えれば、最高の最内枠を引けたものの、スタートからポジションをとれず1番枠から最後は大外ぶん回しという非常にロスの多い内容で、先着を許したのは4コーナーで前にいたか内でじっとしていた馬だけで今回のメンバーでは能力は一番。

ここまでのレースぶりを見てもコーナーでしっかり加速できるタイプで、小回りの競馬も問題なさそう。

状態面も、他の有力馬が海外帰りやたたき台なのに対し賞金を加算したい立場であることを考えればいいはず。

想定よりも土曜日の競馬が内有利に見えたので、外枠はマイナス材料だろう。

 

▲サクラアンプルール

走ってもなかなか人気にならない馬だが、このレースに最も適性がありそうなこの馬が本命。

洋芝の小回りというのはこの馬が最も得意とする条件のはず。

蛯名騎手や田辺騎手が乗れないというのは、正直マイナスになってしまいそうだが。

 

 

☆モズカッチャン

休み明け苦手、海外帰りと状態面に不安があり、さらに外枠と買いたくない材料がそろった感じがするがデムーロ騎手と洋芝適性を見込んでこのくらいの評価はしておきたい。

人気もモレイラ騎手やマカヒキがいることで想定していたよりも人気になっていないし、重賞でデムーロ騎手をこのオッズで買えるならしっかり買っておきたい。

 

△スズカデヴィアス

穴馬ならこの馬に注目してみたい。

前走は後方からの競馬で脚を余してしまったが、

いつも外を回して届かない競馬が続いているが、ハイペースになり差しの届く競馬になればこの馬の激走が

 

△ネオリアリズム

個人的にデムーロ騎手よりもモレイラ騎手のほうが読みやすい騎手なので相性はいいのだが、この馬はかなり評価が難しい。

久しぶりの日本での競馬だし、好走したレースは外国人騎手が最高にうまい競馬をしてのもの。

今回は、マルターズアポジーが引っ張り展開的に恵まれそうもないがモレイラ騎手ということでこのくらいの評価。

 

△マイスタイル

レベルが高いとは言えない条件戦だったとはいえここ2走は好内容で完勝。

スローで上がりのかかる競馬が最も得意な条件だが、今回は同型の馬が多く展開的に恵まれるのは難しそう。

シンプルに田中勝春騎手だというのも…

 

△ゴーフォザサミット

狙い続けているのだが、あまりいい思いをしたことがないが能力はあるはず。

立ち回り競馬よりもポテンシャル勝負になったほうがいいタイプなので、ペースが流れそうな今回は展開が向きそう。

 

マカヒキはさすがに勝負気配がなさそうだし、人気ならここはばっさり嫌いたい。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ミッキースワロー
▲サクラアンプルール
☆モズカッチャン
△1スズカデヴィアス
△2ネオリアリズム
△3マイスタイル
△4ゴーフォザサミット

買い方

 

馬連

◎-〇▲☆△

3連複

◎-〇-印

 

スポンサーリンク