【2018朝日杯フューチュリティステークス 予想】前走内容優秀な穴馬が本命!

スポンサーリンク

こんばんは!

ターコイズステークス大波乱でしたね(^^;

混戦だからこそ、頭までありそうな馬を本命にしようということで◎ミスパンテールにしたのですが、痛恨の相手抜け…(>_<)

明日こそ!

 

朝日杯フューチュリティステークス

 

2018年12月16日に阪神競馬場、芝1600mで行われる朝日杯フューチュリティステークスの予想です!

今年の朝日杯フューチュリティステークスの出走馬は、グランアレグリア、アドマイヤマーズ、ファンタジスト、ケイデンスコール、マイネルサーパス、ニホンピロヘンソンなど。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

週中の想定よりもかなり売れてしまっているが、思い切ってこの馬が本命!

新馬戦で負けた馬は2連勝で阪神JFに出走。2戦目で負けた馬は日本レコードで葉牡丹賞を制覇。3走目の未勝利戦で下した相手は未勝利を勝ち上がりと強い馬を相手に戦ってきて、前走はレコード勝ち。

福島競馬場でのレコードなので、必要以上に評価はしないほうが良さそうだが、大外をぶん回して最後は追うのをやめてダノンチェイサーより1秒近く早い上がりを使っての快勝。

騎手が最大の不安材料だが、そこはしっかりとオッズに反映されているので目を瞑る!

 

〇グランアレグリア

新馬戦の内容を考えれば今回のメンバーでは抜けた存在だし、一番好走率が高いと思うのはこの馬だろう。

だが、アルテミスステークスでは出遅れてからかかってしまい、お世辞にもいいレースとは言えない内容だった。

今回は内枠に入ってしまったし、出遅れてロスの多い競馬になった場合や、もまれてしまったときに力を発揮できないかも。

もし飛べば配当はかなり期待できるので、対抗評価に落として飛んだパターンの馬券も買っておきたい。

 

▲アドマイヤマーズ

前走のデイリー杯はM.デムーロ騎手がかなり上手く乗ってメイショウショウブと接戦だったので評価が分かれるところだとは思うが、メイショウショウブは差しの決まった阪神JFで先行しての6着で決して弱い馬ではない。

そのデイリー杯も最後には後続と差を広げたし、阪神の外回りコースというのはプラスに働きそう。

 

☆クリノガウディ

穴馬で期待しているのがこの馬。

前走の東スポ杯は今年の2歳戦で最もメンバーが揃った1戦。そのレースでかかってしまい先行して7着というのは評価していいはず。

エンジンのかかりが遅いタイプなので、広い阪神コースは合いそうだし、距離短縮もいいほうに働きそう。

馬郡をうまく捌き、スムーズに加速できれば食い込みも。

 

△ケイデンスコール

新潟2歳ステークスの末脚をみると今回のメンバーでは決め手上位のはず。

ノーザンファーム生産で外国人騎手と最近の勝ちパターン。

C.デムーロ騎手は追い込みの競馬をさせれば上手い騎手だし、不安材料にはならないだろう。

 

△エメラルファイト

大外枠になってしまったが、札幌2歳ステークスはコース取りとポジションの差で負けてしまっただけ。

アイビーステークスもキレ負けしてしまっただけで悲観するようなレース内容ではなかった。

切れ味勝負になってしまうとやや分が悪そうだが、人気上位馬より前で競馬ができて人気馬がロスの多い競馬をすれば。

 

△ドゴール

反応が早くレースセンスのあるタイプで、多頭数の競馬のほうが向いていそう。

内で上手くさばいてくれば。

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇グランアレグリア
▲アドマイヤマーズ
☆クリノガウディー
△ケイデンスコール
△エメラルファイト
△ドゴール

 

買い方

 

馬連、ワイド

◎-〇▲☆

3連複

◎-〇▲-印

 

スポンサーリンク