【2018新潟記念 レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

 

2018年9月2日に新潟競馬場、芝2000mで行われる新潟記念のレース傾向と有力馬考察です!

主な出走予定馬は、ブラストワンピース、セダブリランテス、グリュイエール、メートルダール、ストーンウェア、マイネルハニー、エンジニアなど。

 

夏競馬も残すところあと1週ですね(>_<)

月日が経つのは本当に早いものです…

札幌記念も終わり、WASJも終わりなんとなく気が抜けてしまう感じもあるのですが、今年の夏競馬はここまで非常に調子がいいので暑さに負けずに頑張りたいと思います(^^)/

 

新潟記念

 

 

サマー2000シリーズの最終戦に当たる新潟記念ですが、こんな時期に行われるGⅢのハンデ戦ということもあってメンバーが手薄になりやすいレースなのだが、今年はなんとダービー5着のブラストワンピースが参戦。

他にも、馬柱がきれいなセダブリランテスや良血ディープ×金子オーナーのグリュイエールが参戦することもあり例年よりもハイレベルなレースが期待できそう。

 

昨年は完全な前残りで、一昨年は外差しと真逆の結果に。

新潟2歳ステークスも外差しで決まったので、前残りか外差しかどちらかに決め打ちしたほうがスッキリ的中させられるかも。

 

 

有力馬考察

 

ブラストワンピース

ダービー上位の3歳馬が異例のローテーションでこの舞台へ。

大型馬だけに不器用なイメージがあり、ダービーではそのイメージ通り不利を受けてしまったが、ダービーの不利を受けた後のレースぶりや毎日杯での競馬を見ている限り意外とレースセンスもありそう。

今回は異例のローテーションで新潟は初挑戦ということになるが、今の馬場状態ならこの馬のポテンシャルが生かされるはずで、まず勝ち負けだろう。

 

セダブリランテス

それほど強い馬だと思ったことがないのに、ここまでずっと人気になっているので、なんだかんだと理由をつけて嫌い、好走されてしまうパターンが続いている個人的に馬券の相性が非常に悪い馬(^^;

こんな前置きを書いておいてなんだが、さすがに今回は怪しいのではないだろうか?

これまでの戦績を見てみると、デビュー2戦目に、今回と同じ新潟の外回りで行われる早苗賞で33.6の上がりを記録して勝っているが、この馬より0.4も早い33.2の上がりを使ったドンリッチは500万条件さえ勝ち上がれず引退しており、このレースで33秒台の脚が使えたからと言っても全く評価できるようなレースではなかった。

それ以外はすべて35秒台の上がりで勝ってきているので、新潟外回りの瞬発力勝負は厳しいだろう。

好走の大きな要因になっていた戸崎騎手も今回乗れないし、嫌うならこのタイミングだろう。

 

グリュイエール

ディープインパクト産駒で金子オーナー所有ということで過剰人気になりやすいタイプ。

2年ぶりのレースをいきなり勝ち、前走重賞で3着だったので売れそうではあるが、能力や状態面に不安は大きい。

前走は雨の影響で完全に外伸び馬場になっており、福永騎手が非常にいいコース取りをしたことが好走の要因と言えそうで人気ほどの期待値はなさそう。

 

メートルダール

負けているここ2走はレベルが高かった上に、前にいる馬にしかチャンスがないようなレース。

中京記念では、後の宝塚記念馬ミッキーロケットを下しており、今回のメンバーなら能力上位。

信用はしにくいタイプですが、ある程度人気は落ちつきそうなので、狙う価値はあるかも。

 

おすすめ穴馬!

 

このレースで面白そうな穴馬はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ

前走はこの馬には合わない時計勝負だった上に、内容もかなり消化不良というレース。

スパッとはキレないが、長い直線を最後までしっかり走り切れるタイプなので今の新潟は合っているはず。

現時点ではこの馬とブラストワンピースの2頭軸で行く予定。

スポンサーリンク