【2018府中牝馬ステークス】本命は自信を持ってアノ馬!

スポンサーリンク

こんばんは!

あっという間に週末ですね(^^;

昨日は先週の回顧記事を書いているときに寝落ちしてしまいました(>_<)

生活習慣は見直さないといけないですね(^^;

 

府中牝馬ステークス

 

2018年10月13日に東京競馬場、芝1800mで行われるGⅡ府中牝馬ステークスの予想です!

今回の府中牝馬ステークスは、ディアドラ、リスグラシュー、ミスパンテール、ソウルスターリング、ジュールポレール、クロコスミア、アドマイヤリードなどが出走!

 

毎日王冠と同じ舞台で行われる府中牝馬ステークスですが、このレースはとにかくスローの決め手比べになりやすいレース。

今年は頭数も少ないですし、後方から競馬をする馬も多いのでスローが濃厚。

シンプルにスローの決め手比べに強そうな馬を上位評価したい。

 

本命◎はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ

スローの瞬発力勝負ならこの馬が本命でいいはず!

前走は内が有利な中、外枠からダラダラと走らされての惨敗で度外視可能。

使い詰めより間隔をあけたほうがいいタイプだし、多少馬場が渋っても対応できる。

差し馬にしては器用なタイプだし、この鞍上なら馬場が渋ってもいいところをきっちり走ってきてくれそう。

 

〇アドマイヤリード

昨年のヴィクトリアマイル以来、勝ち星から1年以上遠ざかっているが近走はどれも条件や展開が向かないものばかりだった。

不器用なこの馬にとって、小回りの札幌競馬は合わなかったし、昨年の府中牝馬ステークスは戸崎騎手のヘマ。

東京新聞杯は、追い出しを待たされた上に外から寄られてまともにレースにならず。阪神牝馬ステークスはスローの前残り。

前走のヴィクトリアマイルは、雨の影響で馬場の内を通った馬が壊滅的だったレース。

 

 

デムーロ騎手から田辺騎手への乗り替わりとなるが、じっくり溜める競馬をさせれば上手な騎手なのでマイナスにはならないだろう。

 

▲ジュールポレール

ヴィクトリアマイルは嵌まり過ぎてしまった印象があり、GⅠを制した割には人気がないが、末脚だけというディープ産駒ではなく非常にレースセンスのいい馬。

脚質的に極端な馬が多いので、先団に取り付いてすっと抜け出す競馬ができれば頭はなくとも2~3着なら十分ありそう。

 

☆フロンテアクイーン

5走連続2着と勝ちきれないが安定感がある。

小物なイスラボニータのような馬で、いい脚を一瞬しか使えないので蛯名騎手が合うイメージはないが内枠で適度に包まれてくれれば。

 

△カワキタエンカ

前走のヴィクトリアマイルはマイル戦、ハイペース、荒れ馬場と厳しい条件が重なっていた。

今回は得意の1800mに変わるし、展開にも恵まれそう。

 

△クロコスミア

海外と海外帰りの前走は度外視可能。

昨年の勝ち馬ですし、カワキタエンカをすんなりいかせて2番手なら展開には恵まれそう。

 

△ディアドラ

前走はまさに完勝という内容だったが、どうしてもスローの決め手比べに向いている感じがしない。

能力はあるので、ルメール騎手が好騎乗で持ってくることもありそうだがオッズを考えるとやはり多少は嫌いたい。

 

△ミスパンテール

前走はコース取りの位置取りの差で負けただけだが、スローの決め手比べは向かなそう。

逃げればワンチャンスありそうだが、内に逃げたい馬がいるので逃げはないだろう。

 

×ソウルスターリング

昨年の毎日王冠でもスローの決め手比べであっさり負けているし、前走の3着は相手と展開に恵まれただけ。

なんとなく、北村騎手が前に行きもしないパターンがある気がする。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇アドマイヤリード
▲ジュールポレール
☆フロンテアクイーン
△1カワキタエンカ
△2クロコスミア
△3ディアドラ
△4ミスパンテール
×ソウルスターリング

 

買い方

 

馬連

◎-〇▲☆

3連複

◎-〇▲-印

スポンサーリンク