【2018小倉2歳ステークス 予想】馬場悪化で難解なレース

スポンサーリンク

 

2018年9月2日に小倉競馬場、芝1200mで行われる小倉2歳ステークスのレース予想です!

主な出走予定馬は、シングルアップ、ルチアーナミノル、ファンタジスト、セプタリアン、ミヤジシルフィード、ジャカランダシティ、チョウワフライヤーなど。

 

 

小倉2歳ステークス

 

展望記事を書いていた時には想定していなかった雨。

時計勝負にはなりそうもなく、ハイペースでもしっかり最後まで走り切れるスタミナが要求されるレースになりそう。

 

 

本命◎はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ
(ブログ紹介欄のところに馬名が書いてあります。お手数ですがよろしくお願いいたします。)

新馬戦の負けは位置取りの差だけで、未勝利戦は重馬場で楽勝の逃げ切り勝ち。

他の人気馬に比べると重馬場適性もありそうだし、多少外から被されても大丈夫そう。

スパッとはキレないのでポジションを下げすぎてしまうと厳しくなるかもしれないが、逃げられなくても前目で競馬ができれば。

 

〇ブルベアオーロ

新馬戦はスローペースだったために全体の走破時計はぱっとしないが、後半600mを33秒台で走り3着馬には大きな着差をつけている。

外枠からうまく流れに乗れれば、面白い1頭だろう。

名前に不安があるが(笑)

 

▲シングルアップ

ここ2走の内容は優秀なもので、ハイペースの時計勝負なら当然上位評価しておかなければいけなかった馬なのだがあいにくの重馬場。

スタートやレースセンスには多少疑問が残るので多頭数の競馬で全くポジションが取れない可能性も。

 

☆チョウワフライヤー

ダートで勝ち上がった馬だが、前走はハイペースのフェニックス賞で今回人気が濃厚なシングルアップより早い上がりを使って2着。

ハイペースを経験していて、終いを使えるというのはこのレースでは間違いなく強み。

ただ、1枠を引いてしまい騎手が新人の川又というのはやっぱり不安なので4番手評価。

 

△ファンタジスト

新馬戦を楽な感じで圧勝。

新馬戦2~4着の馬の馬も勝ち上がっているし、レースレベルも低くはなかった。

未知数な部分が多いわりに人気になっているので、5番手評価をしたがあっさりまであってもおかしくない。

 

△ジャカランダシティ

新馬戦の走破時計は悪くなかったが、レースラップは今回のレースとは全く異なるものだし、展開に恵まれた部分があった。

外枠を引けたので、早めに動いてこの馬の持ち味を生かせれば。

 

 

△アズマヘリテージ

トーセンジョーダン産駒ということもあり、キレないがじわじわと長い脚を使えるタイプ。

新馬戦のタイムはあくまで前半が緩かったから遅かっただけ。

人気になるタイプの馬ではないので、オッズほど期待できないことはなさそう。

 

△タガノジェロディ

初めてのスプリント戦になるが、血統的に短縮が良いほうに向く可能性はありそう。

外枠に入れたし、条件替わりの激走があるかも。

 

△ルチアーナミノル

持ち時計は一番だが、高速馬場で時計が出ただけという印象。

今回は前走より時計のかかる馬場で、先行争いも激化しそうなので不安な部分も多い。

 

△タムロドリーム

良馬場で時計勝負なら本命まで考えていたのがこの馬。

新馬戦の1.09.2というのは翌日行われたフェニックス賞と比較してしまうと、遅い決着時計だが前半の3F=33.2というのはフェニックス賞よりも早いラップタイム。

新馬戦でこんなラップで走ってしまえば、最後にバテテしまうのは当然で、間違いなく激流になる小倉2歳ステークスでも面白い存在になるかと踏んでいたが、今の馬場では厳しそう。

目をつけていた馬だし、激流を経験しているのは大きいと思うので抑えておきたい。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ブルベアオーロ
▲シングルアップ
☆チョウワフライヤー
△ファンタジスト
△ジャカランダシティ
△アズマヘリテージ
△タガノジェロディ
△ルチアーナミノル
△タムロドリーム

 

買い方

 

馬連

◎-印

3連複

◎-〇▲☆-印

 

スポンサーリンク