【2018小倉2歳ステークス レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

 

2018年9月2日に小倉競馬場、芝1200mで行われる小倉2歳ステークスのレース傾向と有力馬考察です!

主な出走予定馬は、シングルアップ、ルチアーナミノル、ファンタジスト、セプタリアン、ミヤジシルフィード、ジャカランダシティ、チョウワフライヤーなど。

 

小倉2歳ステークス

 

小倉で行われる今年の夏最後のスプリント重賞小倉2歳ステークス。

今年の馬場状態はベルーフが好走していたころの、外差しがズバスバ決まる夏の小倉が恋しく思えるような高速馬場。

特に、先週のコース替わりでさらに早い時計が出るようになったので、平坦小回りでのハイペースのスピード勝負になりそう。

手掛かりが少ないので、どうしても単純な時計比較が予想の決め手になってしまいがちだが、レース内容をしっかり精査して的中に近づけたい。

 

有力馬考察

 

シングルアップ

新馬戦ではスタートからの行き脚が悪かったものの、道中はかかるほどの行きっぷりで、4コーナーでは持ったままの手ごたえで上がっていき、直線では後続に差を詰めさせず完勝。

フェニックス賞は少頭数だったからハナを奪えたように見えるかもしれないが、 12.0-10.4-10.9 というラップを刻み、初めの3Fが33.3というハイペース。

函館2歳ステークスでナンヨーイザヨイをラップ構成が異なるという理由で嫌ったが、今年の小倉2歳ステークスは間違いなく33秒台前半のラップを刻むはずなので早い流れを押し切った点は評価できそう。

頭数が増えて先行が激化し、自分の競馬ができない馬が多数出そうなレースだが、この馬は逃げないといけないタイプの馬ではないのでその点も心配なさそう。

持ち時計2番目を持っていて、2連勝中なので1番人気が濃厚ではあるが有力な1頭。

 

ルチアーナミノル

未勝利戦で出した1.08.2という持ち時計はメンバー中No.1。

未勝利戦の3Fは33.9でルーラーシップ産駒だし、快速馬がそろったスプリント重賞ではスピード負けしそう。

新馬戦を取りこぼしているし、スパッと切れず絶対的なスピードがあるわけではないのであっても2~3着か。

 

ファンタジスト

今回と全く異なる条件といえる、スローペースの中京の新馬戦を勝ったということで評価が難しいところ。

新馬戦2~4着までの馬が後の未勝利戦を勝ち上がっており、新馬戦のレースレベルとしては一定のものがありそう。

武豊騎手が騎乗で前走が見た目楽に見える競馬だったので、ある程度人気になるだろうが期待値は低そう。

 

セプタリアン

新馬戦こそ雨の降る馬場でジャカランダシティに逃げ切りを許してしまったが、未勝利戦はタイムランクAの優秀なタイムで最後は流すほどの余裕を見せつける貫禄勝ち。

パンパンの良馬場での競馬の経験がなく、ぱっと見の時計が目立たないことで人気を落としてくれれば狙える馬になるだろう。

 

このレースで面白そうな穴馬はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ

1200mでの持ち時計は下から数えたほうが早いくらいのタイムしか持っていないが、前走のラップはかなりの前傾ラップ。

12.2-10.2-10.8-11.6-11.7-12.7

全体と後半は決して評価できるタイムではないのだが、新馬戦で前半3Fが33.2というのははっきり言って早すぎで失速も当たり前。

スタートセンスもいいし、一回使ったことでさらに良くなってくれば馬券内も。

 

スポンサーリンク