【2018小倉記念 予想】今年は高速馬場で高速決着!?

スポンサーリンク

2018年8月5日に小倉競馬場、芝2000mで行われる小倉記念のレース傾向と有力馬考察です!

小倉記念の主な出走予定馬は、トリオンフ、サトノクロニクル、ストロングタイタン、サンマルティン、マイネルサージュ、キョウヘイなど。

 

小倉記念 予想

 

サマー2000シリーズの第3戦小倉記念。

このレースを予想する上で大切になってくるのは馬場状態。

今開催の小倉競馬は、開幕週に1000万下のレースで1.06.9という時計が出ており、かなりの高速馬場。

その後、台風の影響を受けたが昨日の競馬でも早い時計がバンバン出されており、今年の小倉記念は高速決着だと考えたほうが良さそう。

脚質も、差し馬が目立っているが先行馬が飛ばしすぎて相対的に決まっているだけのように見えるので、差しに決め打ちにせず、時計勝負に強そうな馬を狙いたい。

 

本命◎はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ
(ブログ紹介欄のところに馬名が書いてあります。お手数ですがよろしくお願いいたします。)

かなり悩んだ本命だがこの馬にしてみたい。

2走前のレコード勝ちは、「馬場状態」、「鞍上の腕」、「逃げ馬」とすべての条件がそろってのもので、本来であれば高く評価したくない馬ではあるのだが、今の馬場状態を考えると一番向いていそうなのはこの馬。

デムーロ騎手がうまく乗って勝たせた馬の乗り替わりというのは正直マイナスだと思うのだが、アヴドゥラ騎手も上手な騎手なので信頼してみたい!

 

〇トリオンフ

鳴尾記念は勝つために早く動きロスの多い競馬になってしまったことが敗因で力負けではない。

メンバーが弱かったとはいえ、小倉大賞典を勝ち小倉競馬場も得意としているし、先行馬が少ない今回は展開にも恵まれそう。

武豊騎手騎乗ということで、無駄に人気をかぶり気味なのが気になるが積極的にポジションを取る競馬をすれば勝ち負けになるはず。

 

サンマルティン

昨年の小倉記念2着で、時計ももっているので、当然有力な1頭。

前走も最後方から、後の重賞勝ち馬エアアンセムを直線だけで突き放したのは評価できる。

だが、この枠順は最悪。

前に壁を作って競馬をしないとかかってしまい、福島記念のように道中で力を使い果たしてしまう。

あえてゲートを出さずにすっと前に壁を作るような競馬ができれば。

 

☆ストーンウェア

時計勝負になるならばこの馬も抑えておきたいところ。

メイステークスで走ったダイワキャグニー、サトノアーサーあたりはここに出てくれば間違いなく人気になっている馬。

蛯名騎手がこういうレースで勝つイメージはないが、包まれて追い出しが遅れれば。

 

△サトノクロニクル

チャレンジカップ、阪神大賞典と好走レースが阪神の外回りに集中しており小回り平坦コースというのは合っていないはず。

超ハイペースで前の馬がばったり止まるような展開でないと厳しそう。

デムーロ騎手が不気味すぎる気もするが…

 

△マウントゴールド

前走は全くロスのない競馬で、スズカルパンと差のない競馬ではこのメンバーでは苦しそう。

立ち回り勝負には強そうだが、乗れていない浜中騎手がこの枠からどの程度競馬ができるのか。

 

△マイネルサージュ

前回の福島競馬は時計がかかり外差しの決まる馬場。

クランモンタナのようにロングスパートなら面白いが、素直に競馬してしまうと差し届かないだろう。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇トリオンフ
▲サンマルティン
☆ストーンウェア
△サトノクロニクル
△マウントゴールド
△マイネルサージュ

 

買い方

 

馬連

◎-〇▲☆

3連複

◎-〇-印

スポンサーリンク