【2018富士ステークス レース傾向&有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

こんばんは!

ワグネリアンが天皇賞(秋)を回避してしまいましたね(>_<)

この馬は昨年のPOGで指名していましたし、ダービーも生で見ていたので好きな馬なんですよね。

天皇賞(秋)でまたみられると思っていただけに非常に残念(>_<)

ただ、これで少しは天皇賞空いてくれるだろうか(笑)

 

富士ステークス

2018年10月20日に東京競馬場、芝1600mで行われるGⅢ富士ステークスのレース傾向と有力馬考察です!

今回の富士ステークスには、エアスピネル、ペルシアンナイト、ジャンダルム、ロジクライ、ワントゥワン、レッドアヴァンセウインブライトなど。

レース傾向

昨年は雨の影響で外伸び馬場に。

スローになりやすいレースだが、逃げ馬の好走が過去10年で一度もない。

東京1600mなので、能力のある馬が好走しやすい舞台ではあるのだがGⅢのハンデ戦ということで波乱傾向も。

 

 

有力馬考察

 

エアスピネル ▲(2~3着)

今回は福永騎手に乗り替わり。

クラシック路線を盛り上げたほどの馬で、マイル戦に挑戦すれば活躍できるかと思っていたが、どうしてもワンパンチ足りない印象。

武豊騎手と合っているとは思っていなかったが、溜めてもそこまで早い上がりを使えないので福永騎手も微妙なのでは?

安田記念も使えず、ここは前哨戦なのでヒモくらいの評価で良さそう。

 

ペルシアンナイト △の上位評価

昨年のマイルチャンピオンシップ優勝馬ではあるが、2000mの皐月賞や大阪杯でも好走しているので59kgを背負ってわざわざここに出てこなくても良さそうですが(^^;

前走の安田記念は直線で前が壁になり追い出しが遅れた分だけ負けてしまった感じで脚はまだまだ残っていた。

皐月賞や大阪杯のレースぶりを見ている限りでは、多少ペースが上がってスタミナが問われる条件になったほうが好走できそうなタイプなので、1600mでスローの決め手勝負には向かなそう。

 

ジャンダルム △下位評価

かなりのハイペースでスタミナとパワーが要求された昨年のホープフルステークスで2着だったが、1着だったタイムフライヤーも活躍できておらず、差し競馬で活躍した馬の過剰評価は危なそう。

半年の休み明けはホープフルステークスは2歳馬にとって過酷なレースだったので、一度リフレッシュできたのはいいほうに働きそうだし、母親がビリーヴということで、やや人気先行になりそうだがダービーからの距離短縮はプラスに働くはず。

 

おすすめ穴馬!

このレースで面白そうな穴馬はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ

2走前のレースはメンバーレベルこそ高かったものの、単純な前残り競馬で高く評価していなかったが、前走の内容が優秀。

前走は通ったコースと早仕掛けだったことを考えれば、負けて強しという内容。

マルターズアポジーに行かせて、スッと好位を取れれば。

スポンサーリンク