【2018天皇賞(秋) レース傾向と有力馬考察】

スポンサーリンク

こんばんは!

更新が遅れてしまいました(>_<)

 

天皇賞(秋) レース展望

レース傾向

古馬3冠レースの第一戦。天皇賞(秋)。

昔は、超重要な位置取りのレースで中距離の最強馬決定戦だったが、秋は3戦までというのが常識になりつつあるために、すべての馬がここを目標としてくるわけではなく、ぶっつけ本番でこのレースに出てくる馬も増えた。

 

メジロマックイーンが外枠から競馬する不利を減らすために、内に切れ込んで降着したのは有名な話で、東京2000mは基本的に内枠が有利。

だが、これは先行馬や内が有利な馬場状態になった時だけで、近年は秋の開催は外差しの決まる馬場になってきたこともあり外枠の差し馬の好走馬も目につく。

今年は、もっと豪華なメンバーになるかと思っていたが、13頭立てで先行馬が全くいないので、スローの決め手勝負になりそう。

 

有力馬考察

 

スワーヴリチャード 現時点での評価〇

安田記念からのぶっつけでこの舞台へ。

東京2000mという条件、能力、デムーロ騎手と勝てる要素はそろっているが、不安なのは展開。

今年のメンバーを見る限り、先行馬が少なくスローの競馬になることが濃厚。

エンジンのかかりが遅く、不器用なタイプなので、スローの立ち回り勝負は基本的に向いていないはず。

そんなことを言っても、右回りで小回りの大阪杯を勝ち、マイルの安田記念で3着に持ってきたりとデムーロはこの馬をしっかりと理解しているはず。

この人気で鉄板という扱いをしたい馬ではないが、3番手以下には落とせないだろう。

 

レイデオロ ▲

低レベルダービーをルメールの好騎乗で勝利しダービー馬に。

昨年のJCではキタサンブラックを破り2着に好走しており、大きく負けたのは海外遠征とバルジューが乗った時だけ。

前走のオールカマーを勝ってはいるものの、アルアイン、ダンビュライトともにもう少し流れたほうがいいタイプの馬で相手は強かったとは言えないだろう。

オールカマー組のこのレースの成績は悲惨なものがあるし、スワーヴリチャードの方が好走率は高そう。

 

マカヒキ △

人気どころで嫌うならこの馬だろう。

最強世代と言われた年のダービー馬だが、凱旋門賞に挑戦してから調子を落としダービー以来勝ち星がない。

前走の札幌記念で久しぶりに馬券に絡んだが、特殊な馬場で展開にも恵まれての好走だったのであまり好評価はできない。

武豊騎手がGⅠで3連続3着に入っていて、注目を集めているが別にそれほど乗れているという印象は…?

決め手勝負になれば、今回のメンバーでは上位なのでなんだかんだ好走してしまいそうな気もするが…

 

サングレーザー ☆

ハイペースの天皇賞(秋)になり、2000mの実力が問われるレースになるとやや距離が長そう。

スローになれば、モーリスでもこなせているレースなので乗り方次第では通用しそう。

ただ、モレイラ騎手向きかと言われればNoな気も。

 

アルアイン △

例年のようにハイペースの天皇賞になれば、最有力の1頭になったのだが、スローの決め手勝負には全く対応できなそう。

ハナを切って自分からペースを作るくらいの強気な競馬ができればチャンスもありそうだが…

 

ダンビュライト ×

前走のオールカマーでも注目していたのだが、ポジション取りが後ろになってしまい3着が精一杯。

この馬はアルアイン以上にキレないので、東京2000mという条件は合わなそう。

 

スポンサーリンク