【2018函館2歳ステークス】レース傾向と有力馬考察

スポンサーリンク

2018年7月21日に函館競馬場、芝1200mで行われる函館2歳ステークスのレース傾向と有力馬考察です!

函館2歳ステークスの主な出走予定馬は、ナンヨーイザヨイ、アスターペガサス、スズカカナロア、ジゴロ、ホールドユアハンド、ロードワンダーなど。

 

先週は全く更新ができず、申し訳ありませんでした(>_<)

15日にどうしても外せない予定があり、これが想像以上に過酷だったので予想すら上げられませんでした。

充電期間も兼ねて、更新頻度を下げていましたが今週より頻度を大幅に上げていこうと思います(^^)/

 

ブログを書く時間が基本的に深夜なので、変な時間に更新しているかもしれませんがご容赦くださいm(__)m

 

あ、あとしばらく”酒断ちします!”

このブログでの目標を決めたのでそれを達成するまでは一人での晩酌を止めます

まあ、競馬場やイベントなどでは飲むつもりなのであんまり大したことではないかもしれませんが(^^;

 

函館2歳ステークス

 

今年最初の2歳戦重賞、函館2歳ステークス。

POGで新馬戦を楽しく見ていたら、いつの間にかもう重賞がスタート。

競馬をしていると1年が本当に早いですね(^^;

 

出走メンバーのほとんどが1戦1勝という状態で、ダート勝ち上がり馬や未出走馬もおり、毎年穴馬が馬券に入る予想が難しいレース。

新馬戦は圧倒的に前に行ける馬が有利で、能力足りない馬でも先行することさえできれば勝ち上がったり馬券に絡むことができる。

今回のメンバーを見ても、未出走馬以外はすべて5番手以内からの競馬で勝ち上がってきた馬のみ。

当然、函館2歳ステークスは新馬戦よりも先行争いが激しくなるので枠順や相手関係だけで先行できていた馬には厳しいレースになる。

前走のスタートやスピードの乗りなどをよくレース映像で確認するのと、両隣や早い馬がどの枠に入ったかなど気にかける必要があるだろう。

1200m戦なのでスピードのある馬が活躍するのだが、函館の最終週に行われて今までよりハイペースの競馬になることが多いので、多少スタミナがあるタイプを狙ったほうが良さそう。
今年は雨に当たった開催もあり、コース替わりで多少内がカバーされているとはいえ、1.10.0くらいの決着になりそうなので時計だけで優劣は決めないほうがいいだろう。

 

有力馬考察

 

ナンヨーイザヨイ

新馬戦の1.09.4は今回の出走メンバー中最速。

3着だったデンバーテソーロはダートで勝ち上がっているし、4着だったカルリーノも次走の未勝利戦であっさり勝ち上がっており、レースのレベルも高かった。

時計の出やすかった開幕週の競馬と今回では、馬場状態が大きく異なるので全幅の信頼は置けないが、4番手以内の評価くらいはしておいたほうがよさそう。

 

アスターペガサス

新馬戦は内枠に早い馬がおらず、騎手が積極的に出していったことでポジションを確保できた。

バテない強みはあるが、切れる脚はなさそうなのでハイペースになりポジションが取れず後方からの競馬になると厳しそう。

 

スズカカナロア

新馬戦は、少頭数の道悪競馬。

スピードの乗りを考えると、今回はポジションを取れない確率のほうが高そう。

 

ジゴロ

今年デビューのパドトロワ産駒。

スタートがよくないのがネックではあるが、後続を楽に突き放して勝ったように能力はいいものがありそう。

連闘がいいほうに出れば、あっさりまでありそう。

 

ホールドユアハンド

ダート戦での勝ち上がってきた馬だが、福島の1150mは芝スタート。

スタートセンスもよさそうだし、内枠の恩恵を受けられそうなタイプ。

内枠なら評価を上げたい。

 

ロードワンダー

ここまでに3戦を消化してきて、今回は連闘策。

新馬戦、未勝利と力を出し切れなった部分はあるが、上積みがこれ以上あるだろうか。

 

ラブミーファイン

今回、唯一の距離短縮で参戦。

このレースの距離短縮組は5年間で(0.0.1.7)で、唯一の3着は2013年トーセンシルエットが東京1400mから参戦してのもの。

前走の新馬戦は1000m通過が1.05.2という超スローのレースで低レベルだったし、基本的には軽視でいいはず。

 

イチゴミルフィーユ

名前、厩舎、騎手とかなり残念 (←失礼) な要素が詰まっており、典型的な人気にならないタイプ。

福島の1200mで1.11.3と目立ったタイムではないように見えるが、馬場差を考慮した完全タイム差は+0.2でそこまで馬鹿にする必要はない。

スタートからのスピードにやや欠ける部分があるので、追走は苦しくなってしまいそうだがハイペースで時計のかかる決着になればしれっと3着くらいには来れそう。

 

未知の部分が多く、予想が難しい2歳重賞ですがスタートを全頭確認するだけでも大きく予想精度は上がると思うので、しっかり全頭のスタートはチェックしておきたいと思います!

スポンサーリンク