【2018京成杯オータムハンデ 予想】

スポンサーリンク

2018年9月9日に中山競馬場、芝1600mで行われる京成杯オータムハンデのレース傾向と有力馬考察です!

主な出走予定馬は、ロジクライ、ミッキーグローリー、ヒーズインラブ、ワントゥワン、ロードクエスト、ウインガニオン、ヤングマンパワーなど。

 

久しぶりに土曜日に飲みに出かけたのですが、予想通りがっつり寝坊しました(笑)

遅くなってしまったので、今日はサクッと。

 

京成杯オータムハンデ

 

本命◎はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ
(ブログ紹介欄のところに馬名が書いてあります。お手数ですがよろしくお願いいたします。)

前走はメンバーレベルが高かった上に、東京の高速決着は合わなかった。

今回は春に強い競馬で重賞を制覇した舞台に戻りますし、早すぎず内外フラットに近い今の馬場状態なら一番堅実に走ってくれそう。

 

対抗は〇ミッキーグローリー

流石に売れすぎているが、重賞初挑戦でも十分通用するはず。

3走前は今回と同じコースでまさしく完勝といえるような内容だった。

切れ味勝負になってしまうと、2走前のようにキレ負けしそうだが、このレースはそんなレースにはならないはず。

 

 

▲ゴールドサーベラス

穴ならこの馬だろう。

右回りの小回りマイル戦はこの馬が最も得意とする条件。

柴山騎手なので大外を回す競馬になりそうなのが不安だが。

 

☆ベステンダンク

障害を使われたことで、馬がガラッと変わったのか米子ステークスでは0.8差タイセイサミットに0.8の大差をつける圧勝。

ウインガニオンがいるので、逃げられない可能性が高いが2番手からでも前走くらい走れれば。

 

△ロジクライ

前走はハイペースを先行して2着はいい内容の競馬だったが、その分ダメージもありそう。

ハイペースになれば、内枠でも窮屈にはならないだろう。

 

△ストーミーシー

展開が嵌まるの待ちになってしまうが、嵌まりさえすれば。

面白い穴馬になるかと思っていたが、骨折休み明けで調教も動けておらず評価を下げた。

 

△ロードクエスト

1200mから1600mの様々なレースを使ってやや迷走している感じがあるが、中山マイル戦は最も合っているはず。

信用できるタイプではないが、そろそろ好走があっても。

 

△ヤングマンパワー

前走で復調気配を見せる4着。

過去にはこのレースでの好走歴もあるし、今回のメンバーなら好走もありそう。

 

△ワントゥワン

今回は、デムーロ騎手が乗れないというのがあまりにも大きい。

中京記念、関屋記念と使ってもう余力はなさそうだし、ここは嫌って妙味だろう。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ミッキーグローリー
▲ゴールドサーベラス
☆ベステンダンク
△ロジクライ
△ストーミーシー
△ロードクエスト
△ヤングマンパワー
△ワントゥワン

 

買い方

 

馬連

◎-印

3連複

◎-〇▲☆-印

 

スポンサーリンク