【2018京成杯オータムハンデ レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

2018年9月9日に中山競馬場、芝1600mで行われる京成杯オータムハンデのレース傾向と有力馬考察です!

主な出走予定馬は、ロジクライ、ミッキーグローリー、ヒーズインラブ、ワントゥワン、ロードクエスト、ウインガニオン、ヤングマンパワーなど。

 

京成杯オータムハンデ

 

ハンデのGⅢ戦ということもあり、基本的には波乱が期待できるレース。

開幕週に行われる中山のマイル戦なので、内、先行が有利に働きそうなのだが、このレースは真逆の傾向が。

強い馬だけ追い込めるわけではなく、流れが向けばハンデ戦らしく生涯一の激走を見せることも。

時計も近年は非常に早くなってきており、今年は先行馬も多いので今年も早いタイムの決着になりそう。

 

有力馬考察

 

ロジクライ

マイラーズカップは暴走気味に先行して垂れてしまったが、中京記念では前に馬を行かせてハイペースの4番手を追走。

京成杯オータムハンデは意外と早い時計での決着になることが多いので、時計勝負に強いというのはプラスに働きそうだが、スピードに任せて先行した馬が好走するレースではない。

外枠を引いてしまうと、また暴走することも。

 

ミッキーグローリー

準オープンを勝ち上がり、今回が初の重賞挑戦。

1年5か月の休養を挟んで、馬が一気に成長。

2走前のむらさき賞はスローの切れ味勝負になってしまい、直線で追い出しが遅らされたこともあり3着に敗れたが、次走ではきっちり準オープンを卒業。

3走前の1000万のレースぶりをみた限りでは中山のマイル戦は適性がありそうなので、ルメール騎手で過剰人気なりそうだが有力な1頭。

 

ヒーズインラブ

春に勝ったダービー卿チャレンジトロフィーは中団のインでしっかり脚を溜めての差し切り勝ち。

今年は先行馬が揃ったので、中団インからの差しというのは展開が向きそう。

前走の安田記念は見どころなく負けてしまったが、これは流石に決着時計が早すぎたため仕方がないといえるが、昨年のこのレースも1.31.6という早い時計が出ているので、対応できるかどうか。

内枠なら評価を上げて、外枠なら評価を下げたい。

 

ワントゥワン

前走の関屋記念では最後方から直線一気でプリもシーンより0.6も早い32.8の上がりを使って2着。

前走は3kg増での競馬だったが、今回は1kg減の53kg。

デムーロが乗れないというものかなり大きなマイナスだし、前々走、前走と夏場に2回も使われてどちらも早い時計が出たのでそろそろ反動が気になるところ。

外差しが決まるようなレースになれば。

 

おすすめ穴馬!

 

このレースで面白そうな穴馬はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ

前走は、4コーナーでかなり外を回っており先着を許した馬たちは道中で内を通っていた馬だけ。

休み明け、中山競馬と好走できる条件が揃ったし、鞍上もこの馬のいいところをしっかり理解している。

展開がハマる必要はありそうだが、人気薄なら狙っても面白いはず。

スポンサーリンク