【2018レパードステークス レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

2018年8月5日に新潟競馬場、ダート1800mで行われるレパードステークスのレース傾向と有力馬考察です!

レパードステークスの主な出走予定馬は、グレートタイム、ドンフォルティス、グリム、アドマイヤビクター、エングローザー、アルクトス、イダペガサスなど。

 

モレイラ騎手すごかったですね(^^;

乗るだけで2番人気になってしまうくらい売れてしまっていますが、レースを見ていて気持ちいいほどきれいに乗ってくれますよね。

デムーロ騎手よりは好走タイミングが読みやすそうなので、素直にこの騎手から買っても面白いレースがありそうですね(^^)/

 

レパードステークス

 

整備されていない3歳ダート路線だが、このレースが実質的な世代最強ダート馬決定戦。

この時期に新潟で行われるダート重賞だが、今後を占う意味でも非常に重要で注目したいレース。

 

 

ダートの中距離重賞ということもあり、基本的には堅く収まりやすいレースで1番人気が複勝圏内を外したことが9回目ながらいまだにないレパードステークス。

穴をあけた馬を見てみると、極端な位置取りの馬が多い。

新潟競馬場は平坦でコーナーがキツイということで逃げ先行馬が有利な作りになっているので、逃げ馬はそれだけで当然有利になるし、逃げ先行が有利なのは周知のことなので先行争いが激しくなりがち。

中途半端な位置取りや早めに動きだす馬よりも、じっくり脚を溜めて展開が向かなければあきらめるくらいの馬が穴馬としては面白そう。

 

 

有力馬考察

 

グレートタイム

レパードステークスまでの主要路線である、ユニコーンステークス、ジャパンダートダービーと連続で好走。

ジャパンダートダービーをみた感じでは、ルヴァンスレーヴの力はこの世代では抜けていそうなので、ここ2走の負けは仕方ないところ。

能力は高そうだが、展開に恵まれないとあっさり前残りを許してしまうタイプなので、平坦小回りの新潟競馬はマイナスになりそう。

 

ドンフォルティス

伏竜Sではルヴァンスレーヴを下しているのでこの馬も人気になりそうだが、肝心の伏竜ステークスは1000m通過が1.05.3という超スローでのもの。

ルヴァンスレーヴもデムーロではなく内田騎手だったし、ロスも多く力を出し切っている印象は受けなかった。

ジャパンダートダービーのようなスタミナが問われるレースではあっさり負けてしまっているし、ある程度流れるこのレースに適性があるとは思えない。

基本的には嫌って妙味だろう。

 

グリム

前走のユニコーンステークスは4コーナーで包まれてしまい勝負所でズルズル下がってしまう致命的な不利を受けており度外視でいい。

距離こそ違うものの、青竜ステークスに出ていたスマハマ、オメガパフュームはこの世代でも上位の能力をもっているはずでその2頭を倒しているというのは評価しなければいけないだろう。

青竜ステークスでは最後までしっかり伸びて、ゴール前ではスマハマを少し離すくらいのレースをしており距離延長も問題なさそう。

ただ、はこべら賞でも直線で進路が狭くなるシーンがあり惨敗しており不利を受けやすいタイプといえそうなので、外枠のほうがいい。

 

アドマイヤビクター

長期休み明けで、初ダートになった未勝利戦では、スローの流れで4コーナー外々を回りながら最後に抑える余裕まで見せつけての圧勝。

2着だったスワーヴアラミスも次走の未勝利戦で3着馬に大差をつけるような馬で、その馬よりも0.8早い上がりを記録して0.7差。

前走の中京500万のレースでも、500万をいつでも勝ち上がれそうな馬たちが集まったレースで好位から最速上がりで1着。

戸崎騎手はレパードステークスで(2.1.0.1)と好相性なレース。

 

このレースで面白そうな穴馬はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ
(ブログ紹介欄のところに馬名が書いてあります。お手数ですがよろしくお願いいたします。)

近走は全く力を出せておらず、度外視可能なレースばかり。

今回は騎手も変わるので前回のような競馬はしないだろう。

スポンサーリンク