【2018レパードステークス 回顧】グリムが逃げ切り重賞初制覇!

スポンサーリンク

 

2018年8月5日に新潟競馬場、ダート1800mで行われたレパードステークスのレース回顧記事です!

 

レパードステークス 振り返り

 

予想 (予想記事はこちら)

◎アドマイヤビクター
〇アルクトス
▲グリム
☆イダペガサス
△1 グレートタイム
△2 ヒラボクラターシュ
△3 エングローザー
△4 プロスパラスデイズ
△5 ビッグスモーキー

未勝利、500万を好内容で勝ち上がってきたアドマイヤビクターを本命に。

相手には、先行できて立ち回り力がありそうな馬を中心に印を回した。

 

結果

1着 ▲グリム
2着 △2 ヒラボクラターシュ
3着 △5 ビッグスモーキー

不利を受けやすい馬だが、ハナに行けたことで力を出し切った。

◎アドマイヤビクターはゲートから落ち着きがなく、出遅れ。

 

回顧

 

スタート

ヒラボクラターシュ、グリム、ビッグスモーキーが好スタート。

グレートタイム、アドマイヤビクターは出遅れ気味。

アドマイヤビクターはスタートで後手を踏んだところを外からグリムに被されて、ポジションを下げたところで

外から馬が来て内がごちゃついてしまい、オリノスと共に口を割るほどの大きな不利。

 

 

4コーナーを前で通過した馬が上位を占めた。

グレートタイムやアドマイヤビクターはこのコース取りでは厳しすぎた。

 

総括

 

タイムランク C(+0.1) メンバーレベル C

ラップ

12.6-11.6-12.4-13.0-12.3-12.3-12.8-12.5-12.5

何がなんでも逃げという馬がおらず、グリムがハナを切る展開。

新潟競馬場で1000m通過が1.01.9という流れで前残りという競馬。

 

注目馬

 

グリム

能力はある馬だが、不利を受けやすいタイプなのでハナに行き切ったことが勝因につながった。

ハナに行き切るか、外枠のほうが力を発揮できる。

 

ヒラボクラターシュ

先行、外枠が有利な条件での好走だが、スタミナはありそう。

重馬場のようなスピードの求められるダート競馬は向かなそう。

 

ドンフォルティス

展開が向かないなか追い上げてきたが、最後にはぱったり止まってしまった。

距離短縮で。

 

アルクトス

理想的なレース展開だったが伸びきれず。

距離短縮のほうが良さそう。

 

グレートタイム

能力はあるが、小回り新潟競馬には適性がなかった。

度外視。

 

アドマイヤビクター

スタート直前のゲートからそわそわしていており、ゲートでも出遅れ。

もまれ弱いこの馬にとってすべてが悪いほう悪いほうに向いてしまった。

力はほとんど出していないはずで、度外視でいい。

 

全頭コメント

 

スポンサーリンク