【2018ターコイズステークス 予想】

スポンサーリンク

2018年12月15日に中山競馬場、芝1600mで行われるターコイズステークスの予想です。

今年のターコイズステークスの主な出走馬は、プリモシーン、フローレスマジック、レッドオルガ、ディメンシオン、ミスパンテール、フロンテアクイーンなど。

 

ターコイズステークス 予想

 

牝馬限定GⅢのハンデ戦といういかにも荒れそうな、今年最後のGⅢ競走。

 

本命は◎[最強]競馬ブログランキングへ

近走成績を出せておらず、やや人気を落としているが前走からの距離短縮でこの舞台は合っているはず。

この騎手を本命にするのは多少躊躇する部分があるのだが、内枠から昨年のような競馬をしてくれれば頭まで十分にありそう。

ただ、なんとなくそろそろ「ポツン」しそうな気も…

 

対抗は〇フロンテアクイーン

どうしても一瞬しか脚が使えないタイプなので、取りこぼしが多くなってしまっているが、古馬牝馬の最強メンバーが揃った府中牝馬ステークスで0.1差の3着というのはこのメンバーに入れば抜けた実績のはず。

前走は、4コーナーで詰まってしまいロスを受けたが、前が空いてからはしっかり伸びてきていたし度外視でいい内容。

もう少し内枠が欲しかったところではあるが、早めに外から動く蛯名騎手からマーフィー騎手に乗り替わりというのはプラスに働きそう。

 

▲フローレスマジック

過剰人気気味で積極的に買いたい馬ではないのだが、ノーザンファーム生産馬にルメールが乗っているというだけでこのくらいの評価はしないといけないだろう。

この枠ならある程度ポジションを取ってきそうだし、

 

☆カワキタエンカ

前走はダート戦なので完全に度外視できるし、2走前はハイレベルだった上に同型のクロコスミアまでおり、離して逃げたこの馬だけ違うレースを走っていたようだった。

今回は同型不在で展開的に恵まれそう。

外枠だが、スッとハナを奪えれば。

 

△プリモシーン

能力を疑っているわけではないのだが、中山マイル牝馬限定GⅢのハンデ戦で追い込みの1番人気を本命にする気にならない。

ただ、それだけ(笑)

ビュイックに乗り替わりは不気味だが、できれば飛んで欲しい。

 

△レッドオルガ

前走は弱い相手にM.デムーロが完璧な競馬をしての1着で過信はしないほうが良さそう。

C.デムーロ騎手への乗り替わりもいいほうには働かないだろう。

 

△ハーレムライン

アネモネステークスから全く成績を残せていないが、アネモネステークスと距離が長かった紫苑ステークスの内容はいいものだった。

キレない馬なので、暮れ中山マイルという条件はいいはずだしカワキタエンカが上がりのかかる競馬を作ってくれれば、残り目もあるだろう。

 

予想印

[最強]競馬ブログランキングへ
〇フロンテアクイーン
▲フローレスマジック
☆カワキタエンカ
△プリモシーン
△レッドオルガ
△ハーレムライン

買い方

 

ワイド

◎-〇

馬連

◎-〇▲☆

3連複

◎-〇▲☆-〇▲☆△

 

スポンサーリンク