【2018セントウルステークス レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

2018年9月9日に阪神競馬場、芝1200mで行われるセントウルステークスのレース傾向と有力馬考察です!

セントウルステークスの主な出走予定馬は、ファインニードル、ラブカンプー、ダイアナヘイロー、アサクサゲンキ、レジーナフォルテ、ネロ、ラインスピリットなど。

 

夏競馬お疲れ様でしたー!

詳細は明日書きますが、なかなかいい感じで来ていた今年の夏競馬ですが、最終週でドカ凹み…

 

ちなみに、

札幌2歳 ☆→△→◎

新潟記念 ◎→☆→消し

小倉2歳 △→△→消し

印はそれほど悪くなかったのですが、完全に買い方を失敗してしまいました(>_<)

的外れに見える小倉2歳ステークスもアズマヘリテージは普通に買える馬だったので、(まさか単勝100倍を超えるとは思っていませんでしたが)何かしら当てたかったですね

こんな馬券はもっていたのですが(^^;

 

やや悪い感じで秋競馬をスタートさせる感じになってしまいましたが、2場開催に戻りますしホームの中山に来るのでいいスタートを切りたいですね(^^)/

 

セントウルステークス

スプリンターズステークスの前哨戦であり、サマースプリントステークスの最終戦でもあるセントウルステークスですが、高松宮記念で好走したのはファインニードルだけというなんともレベルの低そうなメンバーがそろった一戦。

宝塚記念が立ち回り競馬になったように、最近の阪神開催は時計が早く内を通った馬が有利。

開幕週で内回りの1200m戦ならさらに内、先行が有利になるはずで過去のレース結果を見てみても追い込み馬は実力のある馬しか好走できていない。

予想で重要になる枠順が未確定なのですが、前に行きたい馬がそろった印象なので内で脚を溜められるタイプが一番よさそう。

有力馬考察

 

ファインニードル

水無月賞でデムーロ騎手が乗ってから一気に素質が開花したかのような充実ぶりで、春にはついに高松宮記念を制覇。

高松宮記念勝ち馬ということで、今回の出走メンバーの中では実績は抜けているといえるが、絶対的なスピードや末脚がないのに勝ち切れるというのは、騎手の好騎乗に助けられている分なのでは?

今回は海外帰りで、前哨戦ということで状態面の不安も大きい。

昨年も1番人気でこの騎手を勝っているし、川田騎手を確保できたのは大きなプラスだが、外枠を引いてロスの多い競馬で勝てるほど抜けた存在ではなさそう。

 

ラブカンプー

牝馬クラシックの夢を捨てて臨んだ新設重賞、葵ステークスは前残り競馬を1枠から先行しての2着だったので高く評価していなかったのだが、アイビスサマーダッシュと北九州記念の内容が非常に優秀。

アイビスサマーダッシュの勝ち馬ダイメイプリンセスは新潟1000mは最も向いている条件だったし、北九州記念記念はスタートからの3F 32.4という超ハイペースで先行馬総崩れのなか一頭だけ最後まで粘り3着。

1200m以下でスピードを生かす競馬さえできれば、ポテンシャルは相当なものを持っていそう。

賞金的にも勝ち切っておきたいところだろうし、デムーロ騎手を確保してきたこともやる気を感じられる。

ハナを奪えそうな枠の並びになれば。

 

ダイアナヘイロー

どうしても実力よりも人気が先行しがち。

函館スプリントステークスでは後方からの競馬を試したものの、4コーナーで前が壁になってしまい脚を余す結果に。

次走の北九州記念もハナを奪わない競馬を選択したが

今回のメンバーでは、ハナを奪えなそうだし外から差してこれるほどの脚力があるとは思えない。

内枠なら印を回す必要がありそうだが、外枠ならバッサリでもいいのでは。

 

アサクサゲンキ

前走の北九州記念はスタートこそ上手くいったものの、追い出してからの反応がイマイチ。

3走前、2走前と後方からいい脚を使っているが、エンジンのかかりが悪く、不利を受けやすいタイプといえそう。

好走パターンは、外枠から先行して押し切るパターンのみでは?

 

おすすめ穴馬!

 

このレースで面白そうな穴馬はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ

枠順に大きな影響を受けてしまうレースではあるが、前走はスタートで躓いた部分があった上に枠順も悪かった。

人気にならないタイプの馬なので、枠の並び次第では面白そう。

スポンサーリンク