【2018クイーンステークス】レース傾向と有力馬考察

スポンサーリンク

2018年7月29日に札幌競馬場、芝1800mで行われるクイーンステークスのレース傾向と有力馬です。

クイーンステークスの主な出走予定馬は、ディアドラ、ソウルスターリング、フロンテアクイーン、リバティハイツ、アンドリエッテ、アグレアーブルなど。

 

モレイラ襲来!

今年も札幌競馬にモレイラがやってきますね。

スポーツ観戦的な観点で言えば、上手な騎手を日本の競馬で見ることができるというのは素直にうれしい(^^)/

ただ、馬券でお付き合いをするのはなかなか難しい騎手ですよね(^^;

これまでの通算の単勝回収率は100%を超えていますが、今は完全に過剰人気。

モレイラ騎手はそう遠くないうちに日本での免許を取得すると思うので、今のうちから仲良くしておきたいですね(笑)

 

クイーンステークス

 

札幌競馬の開幕を告げるクイーンステークス。

今年は登録の時点で、11頭しかおらず少頭数の競馬になりそうですがGⅠ馬のディアドラとソウルスターリングが参戦して楽しみな1戦。

 

開幕週の札幌競馬でおこわなれるクイーンステークス。

小回りの芝コースとなれば、当然先行、内枠が有利。

去年も大外を回したアドマイヤリードが差し届かず6着に敗れているし、小回り適性が求められるレース。

 

有力馬考察

 

ディアドラ

昨年の秋華賞馬で前走はドバイターフ3着。

ソウルスターリングが近走調子を下げていて、こちらにルメール騎手が乗るとなればこの馬が1番人気に支持されるだろう。

紫苑ステークスの大外ぶん回しが非常に印象に残っているし、追い込み馬なので不器用なイメージを受けるが、勝った秋華賞のレースをみてみても内でじっくり脚を溜めて馬郡をさばいての優勝。

桜花賞やオークスもレースセンスのある走りを見せているし、差し馬にしてはレースセンスのある馬だと思ってよさそう。

ただ、このレースを本気で狙ってきているとは思えないし、昨年もアドマイヤリードが大外枠から6着に敗れているレースなので、1番人気で積極的に買いたい馬ではない。

 

ソウルスターリング

オークスまでは世代最強牝馬と呼ばれていたが、近走は惨敗続き。

フランケル産駒であることが影響してか、キレ負けしてしまうのがこの馬最大の弱点。

負けているここ5戦は戦を見てみると、毎日王冠、阪神牝馬ステークスは超スローの決め手勝負。

天皇賞(秋)は不良馬場。JCは天皇賞での消耗と3歳牝馬での挑戦だったことを考えれば負けも仕方なし。

ヴィクトリアマイルもこの馬自身は早い上がりが使えており、復調を感じさせる走りだった。

これで人気を下げてくれれば買いたい馬にもなりえるのだが、2番人気になりそうだし妙味はなさそう。

思い切って逃げの手を打つくらいの工夫があれば面白いが…

 

フロンテアクイーン

蛯名騎手が長いこと主戦を務めてきたが、この馬の持ち味は一瞬だけ使える早い脚で、追い出しを我慢すればするほどいいタイプ。

包まれて不利を受けたなくらいのほうが脚が溜まるので、立ち回り力が求められるこのレースへの適性は高そう。

なんとしても内枠を引きたいところ。

 

アンドリエッテ

3歳牝馬路線を盛り上げたこともあるほどの馬だが、自己条件でもなかなか勝ち上がれず。

前走のマーメイドステークスを準オープンの身で勝ったものの、そのマーメイドステークスのレベルはかなり低そうでこの馬もこれ以上ない完璧な競馬でのもの。

基本的には後方から大外ぶん回しのタイプなので、このレースでは嫌って妙味だろう。

 

アグレアーブル

モレイラ騎手騎乗ということで、ある程度の人気は予想されるがさすがに格下感が強い。

こういう買いにくい馬をもってきてしまうのが、モレイラやデムーロなわけですが…(^^;

 

スポンサーリンク