【2018キーンランドカップ 予想】

スポンサーリンク

2018年8月26日に札幌競馬場、芝1200mで行われるキーンランドカップ予想です!

キーンランドカップの主な出走予定馬は、ナックビーナス、レッツゴードンキ、ムーンクエイク、ダノンスマッシュ、キャンベルジュニア、ヒルノデイバロー、キングハート、デアレガーロなど。

 

期待していたスイープセレリタスはスタートからレースというものがわかっていないかのような、かなりぎこちない走りでの5着。

一度使ったことでレース慣れするだろうし、ハーツクライ産駒ということを考えても今後の成長は期待できそう。

なんとかオークスに…(笑)

 

キーンランドカップ 予想

 

1200mで行われる短距離戦だが、土曜日の同条件での競馬を見てもわかるように単純なスピード勝負ではなくタフなコースを走り切れるスタミナが要求されるレース。

スピードタイプの短距離馬を嫌い、スタミナのありそうな馬を狙うのが的中の近道だと思うのだが、今年のメンバーはみんな札幌が合っていそうな馬ばかり。

 

 

本命◎はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ
(ブログ紹介欄のところに馬名が書いてあります。お手数ですがよろしくお願いいたします。)

1200mに路線変更してから安定した成績を出せており、前走は完全な前残り競馬を後方外から追いこんで2着。

横の比較がしにくいが、前走同着だった馬はアイビスサマーダッシュと北九州記念好走しているし、同じく追い込んだアサクサゲンキは能力だけなら古馬と混ざっても通用する馬なのでこの馬も十分通用するはず。

スタミナが問われるレースになれば、道中いかにリラックスして走れるかが重要になるはずで、この騎手はそういう競馬をさせれば結果を出してくれる。

 

対抗は〇キャンベルジュニア

初の1200m戦でデムーロ騎手と評価にかなり悩んだがこの馬を2番手にしたい。

安田記念こそ見せ場ない形で負けてしまったが、ダービー卿CT、京王杯SCは非常にいい内容。特に京王杯SCは1200mの通過が1.07.8というハイペースでスピードは1200mでも対応できそう。

道悪巧者のデムーロ騎手が乗れるというのは大きなプラスになるはずだし、外枠からスムーズな競馬ができれば。

 

▲ナックビーナス

昨年のこのレースでの好走はレベルがかなり低かったのであまり評価できないが、今年になって馬が本格化した感じで、能力はスプリント路線の中でも上位。

決め手がないのでどうしても勝ちきれないレースが多くなってしまっているが、時計のかかる馬場でモレイラの一押しがあれば久しぶりの勝利まであっても。

 

☆ダノンスマッシュ

朝日杯も出遅れていなければと思わせるようなレース内容だったが、その後は出遅れやかかり癖で能力を発揮できず。

前走が初の1200m戦だったが、4コーナーまで非常に楽な手ごたえで直線追い出すと一気に後続を突き放す完勝。

スムーズに競馬ができれば好勝負だろうが、出遅れ癖やかかり癖があるのに加え、狙われすぎている感じを受けるので4番手評価。

 

△デアレガーロ

前走は不利が大きすぎたので度外視できる。

京都牝馬ステークスのレースぶりを見ても時計のかかる馬場は得意なはず。

差しの決まる展開になれば。

 

△レッツゴードンキ

前走のヴィクトリアマイルは馬場の悪い内をダラダラ走らされてのもので度外視でもいい内容。

ファンの多い馬で基本的に人気先行だし、好走したときは恵まれたというパターンが多い。

多頭数でこの枠からではやや厳しそう。

 

△キングハート

近走はポジションが取れず、ほとんど競馬になっていない。

全く人気がないので抑え。

 

△ペイシャフェリシタ

ここ2走惨敗を続けているが能力はいいものをもっているはず。

乗り替わりがいいほうに働けば。

 

△ムーンクエイク

前走は好時計で重賞制覇しているが、ルメール騎手の好騎乗があってのもの。

前走走りすぎたし、後追いの感じもあるのであくまで抑えまで。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇キャンベルジュニア
▲ナックビーナス
☆ダノンスマッシュ
△1 デアレガーロ
△2 レッツゴードンキ
△3 キングハート
△4 ペイシャフェリシタ
△5 ムーンクエイク

 

買い方

 

馬連

◎-印 (強弱をつけて)

3連複

◎-〇▲☆△1-印

 

スポンサーリンク