【2018エリザベス女王杯 予想】本命は前走見所十分のアノ馬!

スポンサーリンク

こんばんは!

明日はPOG指名馬が2頭出走します!

東京2R マキ 北村宏司

京都3R ブランノワール ルメール

 

東京2Rに出るマキは、Pioneer of the Nile産駒(エンパイアメーカーの孫)でダート替わりは大きく期待できそう。

京都3Rのブランノワールは前走がかなりちぐはぐな競馬。ロードカナロア産駒ながら、追走楽になる距離延長で。

 

どちらもチャンスがありそうなので馬券も買います!!

 

エリザベス女王杯 予想!

 

本命◎はこちら→ [最強]競馬ブログランキングへ
(ブログ紹介欄のところに馬名が書いてあります。お手数ですがよろしくお願いいたします。)

この馬は今まで嫌い続けてきた馬なので、本命にするのは多少抵抗があるが今回は信用してみたい。

今までこの馬を評価してこなかった最大の理由は、レースレベルの低いレースを勝っただけで強い相手とも競馬したことがなく、騎手の好騎乗に助けられている部分が大きいと思っていたから。

だが、前走の秋華賞の競馬はいい内容だった。

位置取りが悪すぎで得意の溜め殺し…

まあ、あの位置から馬郡を捌いて伸びてきたのはさすが武豊という感じではあったが、アーモンドアイより後ろにいては勝てるはずもない。

距離延長が不安要素ではあるが、ロスなく先行できれば好勝負だろう。

 

対抗は〇ノームコア

紫苑ステークスの内容が良かったので、評価することは決めていたがいくらルメールとはいえ1番人気とは(^^;

紫苑ステークスを勝って秋華賞に出ず、このレースで1番人気なんてそれだけ考えると意味の分からない感じもあるが、秋華賞はルメールが乗れないから出ないという最近のよくあるパターンで、むしろ勝負がかりのことが多い。

 

▲モズカッチャン

昨年は展開に恵まれた部分があったが、このレースを制覇しているし、前走は海外からの休み明けで札幌記念3着は立派だった。

サングレーザーは天皇賞でも好走しているし、札幌記念でのコースロスを考慮すれば牝馬限定なら能力は上のはず。

体調がイマイチで府中牝馬ステークスに出ずここということで、コンディションに不安があるので3番手評価。

 

☆フロンテアクイーン

外枠なら全くいらないと思っていた馬だが、この枠を引いたのなら穴馬として面白い。

この馬は一瞬の脚しか使えないので、早めに外にだしてトントンしだす蛯名騎手との相性が悪い。

ただ、この枠に入ったことで外に出せず追い出しが遅れれば最後にはいい脚を使えるはず。

頭は厳しそうだが、ヒモとしてなら。

 

△リスグラシュー

距離が嫌われている感じの人気だが、オークス、エリザベス女王杯共に言い訳ができる内容だった。

ベスト条件はマイルくらいの距離だろうが、モレイラならこなしてくる可能性も。

 

△レッドジェノヴァ

牡馬混合の京都大賞典でサトノダイヤモンドから0.1差の競馬をしているものの、いきなり人気し過ぎでは?

前走の京都大賞典もアルバートが3着に好走できているくらいのレースで、はっきり言ってレベルは低かった。

穴馬なら狙う価値はありそうだが、ここまで人気なら嫌って妙味だろう。

 

△ミスパンテール

前走は苦手な高速上がり勝負。

今の京都は多少時計のかかる馬場になっているし、乗り方次第では。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ノームコア
▲モズカッチャン
☆フロンテアクイーン
△レッドジェノヴァ
△リスグラシュー
△ミスパンテール

 

買い方

馬連

◎-〇▲☆△

3連複

◎-〇▲☆-印

スポンサーリンク