【2018アイビスサマーダッシュ 回顧】ダイメイプリンセスがこのコースでの強さを見せつける!

スポンサーリンク

2018年7月29日に新潟競馬場、直線1000mで行われたアイビスサマーダッシュのレース回顧記事です!

直線の1000mという特殊条件で行われるだけに、次走以降の参考になるかわかりませんが…(^^;

 

アイビスサマーダッシュ 振り返り

 

予想 (予想記事はこちら)

◎ペイシャフェリシタ
〇レジーナフォルテ
▲ダイメイプリンセス
☆レッドラウダ
△1 ラブカンプー
△2 ノットフォーマル
△3 ナインテイルズ
△4 モルフェオルフェ
△5 ブロワ
△6 ベストマッチョ

外枠が圧倒的に有利なレースということで、シンプルに外枠の馬を中心に。
△ナインテイルズを評価できていただけに軸の選択ミスは痛かった(>_<)

 

結果

1着 ▲ダイメイプリンセス
2着 △ラブカンプー
3着 △ナインテイルズ

1番人気のダイメイプリンセスが得意な新潟直線1000mで上手に馬郡を捌き、重賞初制覇!

 

回顧

 

スタート

 

アングルが悪いですね…

レジーナフォルテ、アクティブミノル、ラブカンプー、レッドラウダ、ナインテイルズ、ブロワ、アクティブミノルが好スタート。

ラブカンプー、ナインテイルズ、レッドラウダが先頭争いをしながら、各馬定石通り外へ。

 

 

先行した馬の後ろにいたダイメイプリンセスが、楽な手ごたえで先団の後ろに取り付き、あとは進路を探して抜け出すだけ。

2着には無理せずにハナを切れたラブカンプー。3着には外に壁を作りながら先行できたナインテイルズが入った。

 

総括

タイムランク C (+0.1) メンバーレベル D

ラップ

11.8-10.0-10.3-10.1-11.6

好スタートを切って好位にいた馬が2~4着。

スムーズに競馬ができないと厳しいレースになったが、このレースは特殊な条件で行われるレースなので、今後の参考になるかは微妙。

 

注目馬

 

ダイメイプリンセス

スタートこそ1歩目が遅くなったが、道中楽な手ごたえで先団に追いつき、追い出しのタイミングと進路を探すだけという競馬。

直線1000mという条件の競馬では、今回のメンバーでは力が抜けていた。

1200m戦でも流れに乗って脚を溜める競馬ができれば通用しそう。

 

ラインスピリット

スタートで躓き、このレースでは好走しにくい重い斤量を背負いながら、6番から5着は評価できる内容だった。

人気になりにくいタイプなので、狙う妙味もありそう。

 

カラクレナイ

枠も良くなかったし、ここまでのスピード競馬になってしまっては厳しかった。

最後は脚を使えているので、距離延長で時計のかかる競馬になれば。

 

アクティブミノル

枠が悪すぎ。
スタート、行き脚はあったので今回は度外視。

 

ペイシャフェリシタ

スタートでやや後手を踏み、早々にラチ沿いを手放してしまった。

そこから、力み気味にポジションを上げていったことで最後には力尽きてしまった。

流れに乗って力さえ出し切れれば、能力はあるはず。

外枠よりも前に壁を作って走れる内枠の方がいいのかも。

 

全頭コメント

 

※少々見ずらいかもしれませんが拡大してくださいm(__)m

 

スポンサーリンク