【鳴尾記念2019 展望】

スポンサーリンク

鳴尾記念 展望

 

2019年6月1日に阪神競馬場、芝2000mで行われる鳴尾記念の予想です!

今年の鳴尾記念の主な出走予定馬は、ステイフーリッシュ、ギベオン、メールドグラース、タニノフランケル、ノーブルマーズなど。

 

過去5年のデータ

 

 

京都から阪神へ開催競馬場が変わり、開幕週の競馬。

前開催の阪神競馬は高速馬場になっていたので、内回りの2000m戦ということもあり立ち回り力が求められる競馬になりそう。

ポジションが取れて、上がりを使えそうな馬を狙うのが正解だろう。

 

 

出走馬一言考察

 

ステイフーリッシュ

前走の大阪杯はスタートから行き脚がつかず終始ダラダラと外を周る厳しい展開で惨敗。

今回はメンバーこそ弱くなるものの、時計がかかる競馬の方がよさそうだし開幕週の内回り2000m戦は向いてなさそう。

先行馬がガシガシやりあうか、早めに捲っていく展開にならないと厳しそう。

 

タニノフランケル

ウォッカの子供ということで過剰人気になりやすく、馬券の見方にはなりにくい馬。

中山金杯、小倉大賞典での好走は展開に助けられた部分も大きく、この2レースの着順で人気になるな嫌いたいところ。

ただ、今回は逃げの名手武豊騎手に変わりますし、馬場も逃げ馬の味方になるはず。

すんなりハナを奪える枠を引きたいところ。

 

メールドグラース

新潟で33.0という上がりを使えているが、瞬発力があるわけではなく600mを早いラップで走り続けられるタイプ。

レーン騎手はやや早仕掛けが目立つ気がするので、こういうタイプは合っている印象がある。

少頭数での競馬もこの馬にとってはプラスになるだろう。

内枠の方が人気になってしまうだろうが、包まれるよりスムーズに加速できるポジションが取れたほうがよさそうなので内枠=好走率が上がるとはならないのでは?

 

現時点での注目馬

 

枠順が出ないとなんともいえないレースだし、ぱっと見た感じでは買いたい穴馬が全くいない。

なので、今回は現時点での本命候補を。

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

この馬の単勝がどのくらいつくかわからないが、それなりに配当が見込めるようなら単勝勝負でもいいかも。

 

スポンサーリンク