【阿蘇ステークス2019 予想】メイショウワザシは意外と危ない!?

スポンサーリンク

 

2019年8月10日に小倉競馬場、ダート1700mで行われる阿蘇ステークスの予想です!

今年の阿蘇ステークスの主な出走予定馬は、メイショウワザシ、プレスティージオ、エイシンセラード、ナムラアラシ、ドンフォルティスなど。

 

阿蘇ステークス 予想

 

小倉の1700mで行われるオープン特別のハンデ戦。

前走同舞台で行われた準オープンを逃げて楽勝したメイショウワザシが大外枠でも人気を背負う形になりそうだが、今回は同型が多いのである程度ペースの流れる競馬になりそう。

 

本命◎はエイシンセラード

重賞初挑戦となった前走で全く展開に恵まれなかったこの馬を本命に。

前走はスタートから力み気味に走っていたし、後方から競馬をした馬が上位を独占したレース。

これまでのレースぶりを見る限りレースセンスはあるタイプですが、中山1800mや大井競馬のような力のいる馬場は合わない感じ。

1700mの小回りに対する適性はありそうですし、内枠からポンとスタートを決められればいいポジションを取れそう。

 

対抗〇エポック

ようやく得意な小回り1700m戦を使ってきたので狙ってみたい。

前走はダラダラと外を走らされてしまったし、2走前は距離が短かった。

昨年このレースで2着に好走しており適性はあるはずなのでここでの一変に期待してみたい。

 

▲スズカフリオーソ

実績的には格下の馬ですが、得意の小倉で大幅斤量減なら今回のメンバーでも通用していいのではないでしょうか。

前走は準オープンで負けてしまいましたが、前開催の中京の競馬は内枠が有利な傾向が出ており外枠からスタートというだけで不利な状況だった。

 

☆アードラー

前走のプロキオンステークスは外を回した追い込み馬が来れるようなレースではなかったが、この馬は出遅れて外を回し他馬と接触するという内容の競馬で度外視でいい。

前走に目を瞑れば、毎回コンスタントに末脚を使えていますし前がやりあう形になればこの馬にとって理想的な展開。

初めての中距離ということで距離の不安はありますが、小回りの1700mならこなせそうですしシニスターミニスター産駒だけに大敗からの激走というパターンもありそう。

 

△メイショウワザシ

前走は着差こそ大きくつけましたが、タイムランク的にはEと低レベル。

スタートからスピードに乗るまで時間のかかるタイプなので、外枠のほうがハナを奪える確率は高いと思うのですが今回は同型がいて前半かなり飛ばすことになりそう。

あっさり飛んでも全く不思議ではない。

 

△メイプルブラザー

展開に恵まれそうですし、安定感のあるレースができるタイプなのですが前走がちょっと嵌まり過ぎてしまった感じで狙うのは前回だった気がします。

どのくらいの人気になるか読みにくいのですが、人気がないなら素直に買ってもいいと思います。

 

 

予想印

 

◎エイシンセラード
〇エポック
▲スズカフリオーソ
☆アードラー
△1 メイショウワザシ
△2 メイプルブラザー
×ドンフォルティス
×プレスティージオ
×ゴールデンブレイヴ

 

買い方

 

馬連BOX

◎〇▲☆

3連複

◎-〇▲☆-印

メイショウワザシが危険な香りがするのですが、本命にそこまで自信がないので縦目もしっかり押さえておこうと思います。

 

スポンサーリンク