【阪神牝馬ステークス2019 展望】立ち回りか外差しか

スポンサーリンク

阪神牝馬ステークス 展望

 

2019年4月6日に阪神競馬場、芝1600mで行われる阪神牝馬ステークスの展望記事です!

今年の阪神牝馬ステークスの主な出走予定馬は、ラッキーライラック、ミッキーチャーム、カンタービレ、サラキア、クロコスミア、レッドオルガ、レッツゴードンキなど。

 

過去5年のデータ

 

ヴィクトリアマイルの前哨戦として、2016年より1400mから1600mに条件が変更。

それまでは内回りの1400m戦ということで、本番で活躍するような一流馬が出てくるようなレースではなかったが、1600mの外回りに変わったことでメンバーレベルが一気に上がった。

ただ、せっかくメンバーレベルが上がったのに古馬の前哨戦ということもあって、スローの前残りが目立つ。

ペースが流れるか、少しでも馬場があれてくれば2017年のように実力通り決まるが、先週の大阪杯をみている限り内がよさそうなので、阪神の外回りなのに差しが決まらない競馬になるかも。

 

出走馬一言考察

 

ラッキーライラック

新馬戦こそ新潟のマイル戦だったが、アルテミスステークス(東京1600m)、阪神JF(阪神1600m)、チューリップ賞(阪神1600m)と能力がある馬が好走できる舞台で4連勝。

桜花賞はアーモンドアイさえいなければ勝っていただろうし、オークスは距離が長かった上に2着馬リリーノーブルが完璧なレース運びをしたために3着。

秋華賞は前哨戦を使えないような状態だったので度外視可能。

一度崩れてからの長期休養という不安があった前走の中山記念でも53kgではあったものの、古馬の牡馬相手に着差なしは立派。

秋華賞以外は基本的にコースロスのない競馬ができており、強い馬というよりは立ち回り上手なイメージがあるので、取りこぼしはありそう。

 

ミッキーチャーム

未勝利、500万、1000万といい競馬をして挑んだ秋華賞では川田騎手の完璧なエスコートでアーモンドアイの2着。

大外枠、初めての輸送、同型の馬が多かった条件での競馬で、スタート後にエキサイトしてしまい全く競馬にならず。

叩き2走目で上積みが期待できそうだし、自分でペースを作れるのは強みだが、今回も同型が多くハナを奪いスムーズな競馬をすることはできなそう。

もともとパドックで入れ込むタイプの馬ではあるが、秋華賞と比べるとやはり前走はかなりチャカチャカしていたので、パドックの気配には注意したい。

 

カンタービレ

重賞初勝利になったフラワーカップはかなりの低レベル戦で、デムーロ騎手が勝たせただけだと思っていたが、牝馬路線の王道のローズステークスを先行してきっちり押し切り勝ち。

秋華賞は正直、「なぜアーモンドアイの後ろにいるの?」「勝つ気があるの?」と聞きたくなるような競馬だったが、馬郡を上手くさばいての3着。

エリザベス女王杯は距離が長かったし、道中で馬を動かそうとするC.デムーロ騎手とは手が合っていなかった印象でそこまで悲観視する必要はなさそう。

ヴィクトリアマイルが目標と陣営が名言しているので、MAXの状態では出てこなそう。

 

サラキア

能力はあるが非常に不器用な馬で、秋華賞の京都小回り2000mや京都金杯というレースは条件に全く合っていなかった。

今回は、阪神外回りという不器用な馬には絶好の条件に出走してきたし、陣営としてもここで賞金を稼ぎたいはず。

先行馬が揃いある程度ペースが流れそうなので、スタートさえ決まればチャンスはありそう。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

結構人気になってしまうとは思うが、シンプルにこの馬は強いはず。

2走前は小回りの競馬で大外をぶん回すこの馬には全く合っていない競馬での負けで、前走は勝ち馬が上手く乗りすぎたことで負けてしまったが、直線で挟まれるシーンがありながら最後までしっかり差を詰めての2着は非常に立派。

まだまだ、賞金を加算しておきたいところだろうし広い阪神コースは向いているはず。

スポンサーリンク