【阪急杯2019 展望】

スポンサーリンク

阪急杯 展望

 

2019年2月24日に阪神競馬場、芝1400mで行われる阪急杯GⅢの展望です。

今年の阪急杯の主な出走予定馬は、ミスターメロディー、ダイアナヘイロー、レッツゴードンキ、ロジクライ、ダイメイフジ、ロードクエストなど。

 

過去5年のデータ

 

 

高松宮記念のステップレースの阪急杯。

高松宮記念のステップレースなので、1200mから参戦してくる馬も多くハイペースになりやすい。

とは言え、開幕週の阪神内回りコースで行われることもあり、逃げ切りも決まっており逃げ馬には注意が必要だろう。

 

出走馬一言考察

 

ダイアナヘイロー

条件戦時代のイメージでは坂のあるコースがダメだと思っていたのだが、阪急杯、阪神カップと坂のある阪神コースで連続好走。

走るタイミングの難しい馬だが、前走の阪神カップはかなり前の馬が有利な展開で、阪急杯は武豊騎手が絶妙なペースで逃げての1着。

阪神1400mで良績を残しているというのは評価すべき点だが、人気先行の割には恵まれないと脆いタイプなので、基本的には嫌いたい。

 

ミスターメロディ

ダートで勝ちあがってきたこともあり、ワンペースの勝負に強く早い上がりは使えないタイプ。

ハイペースの競馬は得意のはずだが、開幕週の時計勝負はやや疑問が残る。

福永騎手もこの馬には合っているイメージがない。

 

レッツゴードンキ

フェブラリーステークスを回避してこの舞台へ。

昨年の高松宮記念で2着以降成績を出せていないが、敗因は馬場や展開が向かなった部分も大きい。

開幕週の時計の早い馬場は向いているとは思えないが、能力的には通用していい。

 

ロジクライ

前走は積極策を取ったが、ミナリク騎手とハイペースで競ってしまったために最後に失速。

開幕週の時計の出る競馬は得意なはずで、1400mに対応さえできれば好走できそう。

 

ダイメイフジ

阪神カップの4着は内枠に恵まれてのもの。

レースセンスはあるが、能力的にはやや劣りそうなので、内枠を引かないと厳しそう。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走の好走は恵まれた部分もあるが、2走前は展開が向かない中での3着。

騎手でかなり人気を落としそうだが、1400mのレースなら複勝率は8割を超えているし、好枠を引ければ好走があってもいいだろう。

 

スポンサーリンク