【関屋記念2019 予想】決め手よりも適性と立ち回り力重視!

スポンサーリンク

 

2019年8月11日に新潟競馬場、芝1600mで行われる関屋記念のレース予想です!

今年の関屋記念の主な出走予定馬は、ミッキーグローリー、ケイデンスコール、サラキア、ソーグリッタリング、ロシュフォール、オールフォーラヴなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→関屋記念 展望

 

関屋記念 予想

 

サマーマイルシリーズの第二戦である関屋記念。

新潟の外回り競馬は直線が長いのでどうしても末脚がある馬を狙いたくなるのだが、意外と後方からのズドンは決まらないレース。

長くいい脚を使えてあくまで600mを早く走れる馬を狙いたい。

 

本命◎はソーグリッタリング

展開に恵まれそうなこの馬を狙ってみます!

前走は超スローの決め手比べの競馬で3着に負けてしまいましたが、これは完全に位置取りの差と仕掛けが遅れたことによるもの。

3走前は低レベルだったとはいえ、窮屈になるシーンがありながら追い出しを待ってプロディガルサン相手に首差勝ち。

2走前は前と内が有利な高速馬場での競馬を外々を回って楽な手ごたえで前を捉えてあっさり完勝。

重賞で勝ち負けできるだけの能力はありそうですし、枠の並びからこのメンバーならマイル戦でもポジションを確保できそう。

4~5番手で楽々回ってきてワンテンポ追い出しを遅らせる競馬ができれば。

 

対抗〇ロシュフォール

前走の七夕賞は外が有利でスタミナが要求される上がりのかかる競馬で完全に適性外だった。

2走前は重賞初挑戦で上がり最速を使いメールドグラース、ミッキースワローに次ぐ3着と結果を残した。

1600mへの距離短縮が気になるところですが、素直に能力を比較するならこの馬が差し込んできそう。

 

▲ミッキーグローリー

9か月の骨折放牧明けの割にルメール騎手ということで人気になっているので、嫌いたいところではあるのですが、ここまでのレースぶりを見て3番手評価に。

東京競馬の瞬発力勝負ではスパッとは切れないので厳しいが、京成杯AHやマイルチャンピオンシップは長くいい脚を使い好走していて新潟コースは(1.0.1.0).という成績が示すように合っているはず。

ノーザンファーム生産ではないので、長期休養は気になるところですが骨折前の状態に戻っていれば。

 

☆エントシャイデン

毎年馬券に絡んでいる中京記念組からこの馬に注目してみたい。

中京記念は好スタートを決めたものの、馬場の悪い内を走りながらズルズルポジションを下げ4コーナーでは外とかなりロスの大きい競馬。

それでも最後はしっかり差を詰めてきましたし、条件戦を連勝していたレースぶりを考えればここで穴をあけてもいい。

 

△ハーレムライン

週中の注目馬だったのですが、スタートがそれほど上手ではないのでこの枠を引いてしまったことで評価を下げました。

3歳の好調時にはマイル戦でいい走りをしていましたし、前走で復調気配が見えてきました。

すんなりポジションを取って恵まれれば。

 

△オールフォーラヴ

自己条件で足踏みしていましたが、2連勝でこの舞台へ。

高速馬場にも強いですし、ある程度ポジションを取って競馬ができるのは強み。

 

△ミエノサクシード

中京記念はインから伸びてきて脚を余すような格好になったが、乗り難しい馬なので再現性は低そう。

ただ、能力は高そうなので上手に乗れれば通用しそうですが川島騎手だけに…

 

△ケイデンスコール

前走G1のNHKマイルカップで2着に好走しましたが、馬場や展開に恵まれた部分が大きかった。

新潟コースでの好走も2歳時のレベルの低かったレースでのものだし、人気を考えるとそれほど買いたい馬ではない。

 

△リライアブルエース

新潟コースで全く戦績を出せていないのが気にはなるのだが、近走は安定した成績を出せている。

このレースで相性のいいディープインパクト牝馬ですし一応押さえておきたい。

 

 

予想印

 

◎ソーグリッタリング
〇ロシュフォール
▲ミッキーグローリー
☆エントシャイデン
△1 ハーレムライン
△2 オールフォーラヴ
△3 ミエノサクシード
△4 ケイデンスコール
△5 リライアブルエース

 

買い方

 

馬連

◎-〇▲☆△1△2

3連複

◎-〇▲☆-〇▲☆△1△2
◎-〇▲☆-印

 

スポンサーリンク