【関屋記念2019 レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

関屋記念 展望

 

2019年8月11日に新潟競馬場、芝1600mで行われる関屋記念のレース展望です。

今年の関屋記念の主な出走予定馬は、ミッキーグローリー、ケイデンスコール、サラキア、ソーグリッタリング、ロシュフォール、オールフォーラヴなど。

 

過去5年のデータ

中京記念に続く、サマーマイルシリーズの第二戦の関屋記念。

もちろん中京記念組が数多く出走してきますし、毎年のように中京記念組が馬券には絡んでいますが中京記念で好走した馬よりも負けた馬の方が好走するパターンが多い。

同じ左周りのマイル戦ですが、新潟は600mも直線があることで長くいい脚を使えるタイプが好走する一方、中京は急坂を登れるパワーと瞬発力が求められるので問われる適性が異なる。

なので、前走好走し人気になっている馬を嫌い、負けたものの新潟コースが向いていそうな馬を狙うのがこのレースの狙い方だと思うのですが、今年は中京記念上位3頭が出てこず登録段階で3頭だけ。

今年は他の路線を中心に考えた方がいいかもしれない。

 

 

出走馬一言考察

 

ミッキーグローリー

先週8勝の固め打ちをしたルメール騎手が鞍上ということで、長期の休み明けでも人気になるだろう。

この馬はディープインパクト産駒ながら瞬発力に欠けるタイプなので、相手も強かったむらさき賞は3着に負けてしまったが、阿武隈ステークス、京成杯AHは強い内容で完勝。

マイルチャンピオンシップはカツジが外から飛んできたイメージが強いレースではあるが、この馬は戸崎騎手に乗り替わりだった上に、先行内が残る中カツジ以上にロスの大きい競馬で見せ場を作った。

ノーザンファーム生産ではない馬の長期休養明けで、人気ならそれだけで嫌ってしまいたくなるところですが、長くいい脚を使えるタイプなので新潟のコースは合っているはず。

状態面さえ戻っていれば素直に信頼してもよさそう。

 

ケイデンスコール

新潟2歳ステークスでこのコースの勝利経験もありますし、前走のNHKマイルカップでは2着に好走。

朝日杯以外はすべて上がり最速を使えていて末脚の安定感はあるのですが、前走のNHKマイルカップは外枠に有利な馬場状態になっていましたし、展開も向いていた。

新潟コース適性や53kgで走れるところなどは有利だと思うのですが、人気とのバランスを考えると。。。

 

サラキア

前走は久しぶりに2着と好走しましが、重賞レースとは思えない超スローペースの競馬になり、能力は全く問われない競馬でした。

不器用なイメージのあった馬なので、スタートしてからポジションを取れたのはいい材料だと思いますが前走2着という字面だけで人気になるなら危険な人気馬といえそう。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはハーレムライン

3歳の時から注目していた馬で、一度調子を崩してから全く走れなくなってしまっていたが休みを挟んだ前走で人気薄ながらいきなりの激走。

今回は強い先行馬もいませんし、内枠を引いて先行さえできれば続けての好走があっても。

 

スポンサーリンク