【葵ステークス2019 展望】

スポンサーリンク

葵ステークス 展望

 

2019年5月25日に京都競馬場、芝1200mで行われる葵ステークスの展望です!

今年の葵ステークスの主な出走予定馬は、アウィルアウェイ、ディアンドル、ディープダイバー、アスターペガサス、ドゴールなど。

 

過去5年のデータ

オープン競走だった葵ステークスが重賞に格上げされて今年で2回目。

この時期はどうしてもクラシック路線に目が行ってしまうし、3歳の短距離馬には目標がなかったがこのレースが重賞に格上げされたことで、この世代の3歳短距離馬が揃うレースに。

ただ、このレースが行われる舞台が京都の1200mということで枠順や展開の影響を大きく受けてしまいそう。

抽選組も多いし、枠順も重要になるので現時点で予想するのは難しそう。

 

出走馬一言考察

 

アウィルアェイ

新馬戦が非常にインパクトのある大外一気での差し切り勝ち。次走のダリア賞もスローペースで、一頭だけ33.4という抜けた末脚を披露しての快勝。

フィリーズレビューは積極的にポジションを取りに行った結果かかってしまい力を出せなかったし、桜花賞は距離が長かったことに加え、スタート直後に挟まれて大きくポジションを落としてしまう不利があった。

今回は久しぶりの1200m戦になるが距離短縮はいいほうに働きそうだし、戦ってきた相手も強いのだが不器用なところが気になるところ。

川田騎手を確保してきたのでスムーズに先行されてしまうこともありそうだが、この馬の良さを生かすために後方からの競馬を選択すると届かないという展開になりそう。

 

ディアンドル

新馬戦は直線を向いても口向きの悪さを見せてほとんどまともに追えておらず、負けた馬もファンタジストだったので負けて強しという内容だった。

次走の未勝利戦は大きく出遅れてしまったがそこから2の脚を使い強引にハナを奪っての逃げ切り。

走り方を見ていても、まだまだ幼い部分が目立ち全力で走っていない感じでここまでのパフォーマンスができるのは素晴らしいが多頭数の内枠を引いてしまうと意外と脆いかも。

鞍上が上手く操作できるかどうか。

 

ディープダイバー

デビューからすでに11戦も使われて来ているが、非常にレースセンスのある馬で近走は走りに安定感がでてきた。

1200mでも対応できるスピードを持っているし、立ち回り競馬になれば有力な1頭だろう。

内枠なら大きく評価を上げたい馬だが、逆に外枠を引いてしまった場合は大きく評価をさげたほうがいいかもしれない。

 

現時点での注目馬

 

抽選馬が多く、枠順が確定しないと何とも言えないので今回の注目馬はなしとさせていただきます。

スポンサーリンク