【紫苑ステークス2019 予想】難しいレースは穴馬から!

スポンサーリンク

 

2019年9月7日に中山競馬場、芝2000mで行われる秋華賞トライアルの紫苑ステークス(GⅢ)の予想です!

今年の紫苑ステークスの主な出走予定馬は、カレンブーケドール、レッドベルディエス、グラディーヴァ、フェアリーポルカ、パッシングスルー、フィリアプーラなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→紫苑ステークス 展望

 

紫苑ステークス 予想 【勝負度D】

 

秋華賞トライアルの紫苑ステークス。

秋華賞のトライアル=ローズステークスというくらい印象の薄いレースでしたが、重賞レースに格上げされたことでメンバーレベルが上がり、秋華賞で活躍する馬も輩出するレースに。

開幕週の中山競馬ということで馬場状態が読みにくく、意外と差しの決まる難しいレースなのですが

 

本命◎はクールウォーター

まだレース経験が少なく力は未知数ですが、ここまでの週中の注目馬に指名したこの馬を思い切って本命にしてみたい。

前走では今回人気になっているカレンブーケドールに負けてしまっていますが、時計の出る東京での競馬でスローの決め手勝負になってしまったのが大きな敗因。

2走前は3歳牝馬には厳しい中京2200mという条件でリオンリオンから0.2差の競馬ができていますし、先行してしぶとさを生かす競馬ができればこのメンバーでもやれるのではないでしょうか。

成長力のあるディープ産駒でまだ数を使われていないので、上積みはありそうですし、先行するのに絶好の枠を引くことができた。

 

対抗〇カレンブーケドール

春は王道路線を通っておらず、スイートピーステークスからのオークスというローテーションで伏兵扱いでしたが先行してあわやという競馬で2着を確保。

スイートピーステークスから一気に馬が強くなった印象で、いくら時計の出る馬場だったとはいえ東京2400mを先行して2.22.8という時計で走るのは能力がなければできないはず。

もう少し内枠を引きたかったところですが、このメンバーでは力が抜けているので外からの差しでも格好はつけてくるでしょう。

 

▲フェアリーポルカ

フローラステークスは開幕週の東京で大外枠という最悪の枠順だったが、直線では外から伸びてきてロスなく競馬した馬と差のない競馬。

鞍上が不安ですが、ルーラーシップ産駒でいかにもキレ負けしそうなタイプなので、東京から中山に変わるのはプラスになるはず。

 

☆パッシングスルー

シンザン記念でも期待していた馬で出世すると思っていましたが、前走の福島での競馬が想像以上にいい内容。

スタミナの要求される馬場でのものでしたが、全体時計はタイムランクBでしたしハギノカエラに0.5差をつけての完勝は素直に評価できる。

外枠ですが、器用なタイプでもないので長く脚を使いやすい外枠の方がこの馬にはいいだろう。

 

予想印

 

◎クールウォーター
〇カレンブーケドール
▲フェアリーポルカ
☆パッシングスルー
△1 レッドベルディエス
△2 アップライトスピン
△3 エアジーン
△4 グラディーヴァ
△5 レオンドーロ

 

買い方

 

ワイド、馬連

◎-○▲☆

 

3連複

◎-○▲☆-印

 

※勝負度はA~Eの5段階。買う金額ではなくあくまで自信と妙味があるかどうかです。
※買い方はあくまで参考までに。
※馬券の購入は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク