【福島牝馬ステークス2019 展望】

スポンサーリンク

福島牝馬ステークス 展望

 

2019年4月20日に福島競馬場、芝1800mで行われる福島牝馬ステークスのレース展望です。

今年の福島牝馬ステークスの主な出走予定馬は、ランドネ、フローレスマジック、ダノングレース、デンコウアンジュ、カワキタエンカ、ウインファビラスなど。

 

過去5年のデータ

 

ヴィクトリアマイルの前哨戦である、福島牝馬ステークスだが今年はまさかの10頭立て。

ちょうど、クラブの牝馬が引退する時期ということもあるので仕方ないのかもしれないが、今年のメンバーは低レベル。

近年の福島は時計がかかる馬場になっていることが多く、この開催の福島競馬も時計がかかっている。

10頭立てでスローになりそうではあるが、時計のかかる馬場で好走できるタイプを狙った方がいいだろう。

 

出走馬一言考察

 

ランドネ

前走の中山牝馬ステークスは、3番手からの競馬だったが4コーナーから前が壁になり全く競馬になっていないので、度外視でいい。

とはいえ、好走しているときはスローで展開に恵まれているレースが多く、大物感を感じない。

今回はメンバーが弱すぎるので、カワキタエンカを生かせてすんなり2番手を確保できれば好走できそう。

 

デンコウアンジュ

実績は今回のメンバーでは頭二つ抜けており、過去2回出ているこのレースでは4着3着と好走。長くいい足を使えるので、福島のタフな馬場合っている。

今回のメンバーでは明らかに上位だと思うのだが、鞍上が善臣先生…

ターコイズステークスではこの鞍上で3着には好走しているのですが、乗り難しい面もあるのでこの鞍上で軸にするのは…

 

ダノングレース

500万条件の西郷特別は4コーナー大外からすっと上がっていき直線では早々と先頭に立つ強い内容のレースだったが、好走時計は遅く相手も弱かった。

前走の初音ステークスでは蛯名騎手で勝っているが、得意の早めに追い出されるパターンではなく、直線では追い出しを待たされるシーンがあったことで、この馬の持ち味とも言える瞬発力が生かされる競馬になった。

重賞のわりに相手は弱いが、少頭数ですんなり外に出せてしまうだろうし。福島コースで蛯名騎手というのはこの馬には合ってなさそう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

切れる脚を持っておらず、前走は展開に恵まれなかった。

今回は上がりのかかる時計になりそうだし、上手く立ち回れれば今回のメンバーなら。

スポンサーリンク