【目黒記念2019 展望】

スポンサーリンク

目黒記念 展望

 

2019年5月26日に東京競馬場、芝2500mで行われる目黒記念の展望です!

今年の目黒記念の主な出走予定馬は、ブラストワンピース、ルックトゥワイス、ポポカテペトル、ムイトオブリガード、ゴーフォザサミット、アイスバブルなど。

 

過去5年のデータ

 

日本競馬の中心とも言える東京2400mから100m距離が延びた2500mで行われるのがこの目黒記念。

条件も開催時期も微妙なためいかにもGⅡで走りそうだなと思わされる馬が好走するレース。

好走する馬を見てみると東京競馬場で活躍しそうなタイプよりも長距離戦で走るようなタイプが好走しており、ダービーと100mしか違わないが好走する馬のレンジは異なる。

今年はブラストワンピースが参戦し注目を集めているが、王道なタイプが走るレースでもないので意外と苦戦があるかも。

 

出走馬一言考察

 

ブラストワンピース

能力は抜けていると思いますし、この舞台なら不器用なこの馬でも力は発揮できるだろう。

ローテーション、騎手といろいろケチがついているし59kgで断然人気となれば積極的に買いたい馬ではない。

池添騎手は勝てばこのまま乗せてもらえるのだろうか?

それによってどんな競馬をするか変わってきそうなのだが…

 

ルックトゥワイス

毎回いい足を使って伸びてくる馬だが、瞬発力に乏しく取りこぼしが目立つタイプ。

前走の新潟大賞典はスローからの決め手比べになってしまい、最後までしっかり伸びてはいるものの先に抜け出した馬を捉えられなかった。

距離延長はいい方に働きそうだし、長くいい足を使えるのは今の東京の馬場には合っている。

 

ポポカテペトル

昨年の目黒記念で4着に好走しており、この舞台での適性もありそうだが昨年はレベルの低いメンバーで川田騎手が上手に乗ってのものだった。

新潟の条件戦もスローのレースでレベルは低かった。

どのくらいデムーロ騎手で人気になるかわからないが、長期間の休み明けだし不安は大きい。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

金鯱賞、大阪杯は距離が短すぎたし、2400mの日経新春杯は大外枠からのスタートでちぐはぐな競馬になってしまいほとんど力を出し切ることが出来なかったので度外視可能。

このレースと同じ条件で行われるアルゼンチン共和国杯を超スローで決め手勝負のレスだったとはいえ32.5の上がりを使っての2着。

前走の大阪杯は度外視でもいい条件だったが、レースぶりがかなりひどかったし横山騎手が乗って来たことで、変な癖がついたりしていなければいいが…

スポンサーリンク