【皐月賞2019 展望】サートゥルナーリアは鉄板!?

スポンサーリンク

 

皐月賞 展望

 

2019年4月14日に中山競馬場、芝2000mで行われる皐月賞の展望です!

今年の皐月賞の主な出走予定馬は、サートゥルナーリア、ダノンキングリー、ヴェロックス、ニシノデイジー、アドマイヤジャスタ、シュバルツリーゼ、ファンタジストなど。

 

過去5年のデータ

 

牡馬クラシック第一弾の皐月賞。

中山2000mというコースで行われますが、このレースはとにかくハイペースになって時計勝負になることが多い。

晴れて良馬場なら道中早いラップを刻みつつ、終いまでしっかり走り切れないと勝負にならない。

 

さらに、今年は牡馬クラシック路線のレベルが本当に低く、走るたびに結果が変わるような状態。

レベルが高かったと思われた東スポ杯組のアガラスやヴァンドギャルドは次走であっさり負けているし、GⅠのホープフルステークス、朝日杯は共にスローの前残りで実力が発揮されたとは言えない。

 

 

出走馬一言考察

 

サートゥルナーリア

シーザリオ×ロードカナロアという超良血であり、今年のPOGでも1番人気。

3連勝で皐月賞に出てきたが、先週のグランアレグリアと同様、異例のホープフルステークスからのぶっつけローテ。

負けなしでここまで来たことは評価しなければいけないが、果たしてそこまで強い馬なのか?

注目されていた新馬戦は、勝ちこそしたものの時計は早くなかったし、兄弟と比べると破天荒な感じに欠けており、そこまで大物感は感じなかった。

萩ステークスも負かした相手は、まだ500万を勝ち上がっていない低レベルなメンバー。

ホープフルステークスは、進路がなくなるようなシーンがありこじ開けて、最後は馬なりで勝ったので、強いイメージがあるが、すっとポジションを取って4コーナーで外から各馬が上がってくる中内でじっとできていたことで脚が溜まっていたのだろう。

時計的な裏付けが全くなく、良馬場なら時計が求められるレースになりそうなので、鉄板とは言えないのでは?

 

ダノンキングリー

皐月賞の最重要ローテになりつつある共同通信杯の勝ち馬。

共同通信杯もタイムランクBでアドマイヤマーズ相手に勝ったので強い内容だったのだが、圧巻だったのはひいらぎ賞。

1600mのレースではあったが、1000m通過57.6という超ハイペース。

それを大外枠スタートでダラダラと外を回りながら早めに上がっていって1.33.7というタイムでまとめたというのは非常に優秀。

戸崎騎手をGⅠの人気馬で買うのは抵抗があるが、うまく乗ってくれさえすればこの馬の逆転も十分あるだろう。

 

 

アドマイヤマーズ

中京2歳ステークスを見た時は強いという印象を受けたが、デイリー杯と朝日杯は展開に恵まれた印象が強かった。

前走の共同通信杯は、スローの決め手比べで負けてしまっただけで距離うんぬんではない気もするが、早い流れに向いているタイプではなさそうだし、デムーロ騎手がここ最近乗れていないのは気になる。

内枠でロスなく運んでも厳しいのでは?

 

 

ヴェロックス

新馬戦では、ジャスタウェイがいきなり大物をだしたと思わされるようなレースぶり。

野呂菊ステークス、東スポ杯は位置取り負けと言っていい負けだったし、若駒ステークスはタイムランクAの好時計。

若葉ステークスは相手が京都2000mで走れるようなタイプではなかったこともあり、完勝だったとはいえ高評価はしたくない。

強い馬相手だと相手なりになってしまう部分があるが、スローペースでそれほどレベルの高いレースにならなければ、先行してなだれ込みという展開はありそう。

 

 

アドマイヤジャスタ

ホープフルステークス2着はルメールの好騎乗が合ってこそのもので出来過ぎな印象。

特段嫌う理由もないが、ホープフルステークス2着というだけで人気になるならあまり買いたくないし、買い材料もそんなにない。

 

 

現時点での注目馬

 

エメラルファイト狙いだったのですが回避になってしまいました(>_<)

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

穴馬ならこの馬が面白そう。

大きな差をつけて勝ったことがないので、地味な印象を受けるが騎手が騎手なだけに能力を出し切れれば相当いいものを秘めていそう。

5走前は進路を確保できずかなりロスの多い競馬になってしまっていたし、4走前は究極の決め手勝負、3走前は前残りのレースで出遅れと負けの理由ははっきりしている。

この騎手がクラシックを勝つとは少し考えにくいが、今年のメンバーなら3着はあってもいいのでは。

 

スポンサーリンク