【昨年のPOG指名馬の活躍は…?】馬券的なねらい目も少しだけ

スポンサーリンク

 

こんばんは!

ダービーが終わって間もないですが、今週からは早速来年のダービーに向けて新馬戦がスタートします!

そして、この時期に盛り上がると言えばやっぱりPOG!

今年も昨年同様参加させていただいているのですが、まだドラフト中なのでちょっとだけ昨年の振り返りを。

 

あ、でも1位は土曜日の新馬戦に出てくるリアアメリアです!

完全に置きに行ったセレクトですが、ここは圧勝してもらって、勝ち負けはともかく牝馬路線の川田騎手をがっちり押さえておきたいと思います!

 

では、昨年のPOGを振り返り返ってみましょう!

 

1位 ワールドプレミア 牡

父 ディープインパクト
母 マンデラ

代表兄弟 ワールドエース

 

ダービーを勝つ馬を探すのがPOGだと思い、一位ではきっちりディープインパクト産駒の牡馬を選択。

ワールドエースの弟ということで、多少距離の不安があっても高速馬場には強いタイプだと思って選択したのだが、全く逆のタイプだった。

ポテンシャルは高いと思うのだが、反応が遅く瞬発力がない。

レース選択も、ポテンシャル勝負になりやすいものではなく、立ち回り力が求められる京都内周りや阪神内周りコースばかり使われてしまった。

皐月賞がハイペースになればチャンスがあるかと思っていたが、回避を選択し結果故障してしまった。

故障から帰ってきたときにどのくらい成長しているかによるが、人気になってしまうタイプなので、高速馬場や立ち回り競馬で嫌うというのが基本的になりそう。

パンチがあるデムーロ騎手とかに乗り替わると一気に馬が変わるかも。

 

2位 クルミネイト 牝

父 ディープインパクト
母 クルソラ

代表兄弟 クルミナル

 

クルミナルの全妹で堀厩舎ということで指名したのだが、気性的な問題が解決せず未だにレースに使えていない。

 

3位 ブランノワール 牝

父 ロードカナロア
母 プチノワール

代表兄弟 ローブティサージュ

 

ロードカナロア産駒ということで、距離が持たなくても大きなところを狙えるように牝馬を選択するところまでは決めていたのだが、このくらいからドラフト戦略がぐちゃぐちゃになってきており、ロードカナロア産駒牝馬の3番手評価だった。

(ちなみに、1位はベルクワイヤ、2位はルガールカルム)

新馬戦をかなりもったいない形で落としてしまったが、使われるたびにレースセンスも出てきた。

エルフィンステークスではアクアミラビリスに非常識な差し切りを決められてしまい、勝負のかかったチューリップ賞では新人騎手扱いの藤井騎手に乗り替わり。

藤井騎手は基本的にあたりが強いので、若い牝馬は合わない…

決め手がある馬ではないが、レースセンスが出てきたので今後もそこそこやれるだろう。

 

4位 スイープセレリタス 牝

父 ハーツクライ
母 スイープトウショウ

代表兄弟 レガッタ

 

スイープトウショウ産駒はこれまで際立った活躍をした馬がいないのだが、スイープトウショウは現役時代に好きな馬だったし、評判などを見る限り父がハーツクライに変わったことで期待して指名。

ハーツクライだけに仕上がりが遅く、新馬戦こそちぐはぐは競馬で負けてしまったが未勝利戦では翌日のサウジアラビアロイヤルカップより早いタイムで快勝!

当然大きいところを期待していたのですが、藤沢厩舎ということもありまともに使ってもらえず。

まだまだ伸びしろがありそうなのでPOGが終わっても注目していきたい馬。

POGの戦略的な話になりますが、スイープトウショウが池添騎手だったこともあり、この馬も藤沢厩舎でありながら池添騎手でデビューになったので兄弟にどの騎手が乗っていたのかは重要かも。

結局、ノーザンファームに勝たせたいと思われていい騎手が乗ってくれた馬が活躍しやすいので…

 

5位 ミッキーブラック 牡

父 ブラックタイド
母 マラコスタムプラダ

初仔

 

野田さんが落札された馬で、母親はアルゼンチンのGⅠを制している馬。

ディープインパクト×南米のGⅠ馬という組み合わせが走るならこの馬も走るだろうと思い選択。

新馬戦ではレースセンスの良さを見せて勝ち、芙蓉ステークスもルメールの好騎乗に助けられて勝ったのですが、やっぱり京都2歳ステークスが無駄でした。

そもそも、芙蓉ステークスを勝った時点では、次走はルメールが乗れるところというちょっとイラっとさせられるコメント(今はそう思う気持ちがよくわかる)を出していた。

大目標はホープフルステークスであり、ルメール騎手に乗ってもらうためには重賞勝ちを含む3連勝が必要ということで京都2歳を使うはずだったのだが、ルメール騎手を確保できずC.デムーロ騎手で参戦することに。

結局、ちぐはぐな競馬をしてしまい結果を残せずそこからは尻すぼみになってしまいました。

いくらブラックタイド産駒とはいえ2歳で長いレースを使いすぎだったのではないでしょうか。

どこかで復調してくれることを願っているのですが…

 

 

6位 マキ 牡

父 Pioneerof the Nile
母 Life Well Lived

代表兄弟 特になし

見慣れない種牡馬かもしれませんが、アメリカ3冠を制し今年から産駒がデビューしたアメリカンファラオもこの種牡馬の産駒。

海外馬で情報が少なかったのですが、吉田和美さん所有でデビューも早そうということで選択。

血統的はダート馬なのですが、2歳の早い時期に仕上がりの早さとスピードでさくっと札幌の新馬戦を勝ってもらって、毎年低レベルになるコスモス賞、クローバー賞、札幌2歳ステークスで夢を見つつちょこっと賞金を稼ぎ、ダートに転向するという青写真があったのですが、未だに勝ちきれず。

ダートの方が向いていそうですが、スピードもあるタイプなので東京競馬場や脚抜きのいい馬場の方が合っていそう。

 

7位 シークレットラン 牡

父 ダンカーク
母 カールファターレ

代表兄弟 特になし

今年のPOGでもっとも夢を見せてくれたのがこの馬。

瞬発力があるタイプではないので東京競馬場の新馬戦こそ負けてしまったが、その後の葉牡丹賞ではまさかの2歳日本レコードで優勝。

皐月賞と同じ舞台でレコードを持っているので期待していたのですが、レースごとに内田騎手の影響を受けてきたのかポジションを取れなくなりドンドンずぶい馬に。

スプリングステークスでも、後方からの競馬で権利を取ることもできず時計は持っているのに皐月賞に出られないという残念な状況に。

改めて、騎手の大切さを知ることができました。

今年もダンカーク産駒を指名したかったのですが、今年は目立った馬がおらず断念。。。

ダンカークの人になり損ねてしまいました。

 

8位 アトラクティヴ 牝

父 スクリーヒーロー
母 シンハディーバ

初仔

 

スクリーンヒーロー産駒の牝馬は地雷と知っていながら、母のシンハディーバはシンハリーズの娘ということで血統も筋が通っていますし、活躍馬を多く持っている近藤英子さんの持ち馬ということで指名。

新馬を使わずに未勝利戦デビューながら既走馬相手に勝利。

まさか、こんなにすんなりと勝ち上がってくれると思っていなかったので非常にうれしかったのですが、そこから音沙汰なし。

オークスデーの500万条件にようやく出てきましたが、かなり追い出しを遅れさせて脚を余してしまったように映りました。

2レースみた限りでは相当手ごたえよく走っているのですが、これは手ごたえ詐欺なのでしょうか?

時計のかかる馬場ならやれると思うのですが。

 

9位 エトワール 牝

父 ハービンジャー
母 ファシネイション

代表兄弟 特になし

 

ハービンジャーはあまり好みではないのですが、ハービンジャーのイメージを変えるためにもあえて選んだのがこの馬。

正直、ノーザンファーム生産でだれにも指名されていないということで選んだのですが、今年もっともけなげに走ってくれたのはこの馬でした。

新馬戦は出遅れて大敗してしまいましたが、未勝利戦ではまさかに2回連続の不利で2着2着。

その後も恵まれないレースが続き3着2着でしたが、フローラステークスになんとか出走!

ただ、それまでこの馬に乗り続けてきてやらかし続けてきた戸崎騎手がなんとウィークトリアに乗り、この馬はまさかの内田騎手。。。。

レース結果はご存知の通りで、この馬は豪快に出遅れて終了してしまいました。

兄弟馬が全く走っておらず、9位指名で良くここまで走ってくれましたが能力以上にかわいそうな競馬が多すぎました。

 

10位 サトノジョニー 牡

父 オルフェーヴル
母 スパークルジュエル

代表兄弟 特になし

 

オルフェーヴル産駒はどの馬が走るかわからない部分があるので、あえて血統だけで選択。

新馬戦の大敗でやっちゃったと思ったが、美浦の坂路コースでそこそこのタイムを出せるようになっており勝ち上がりも期待していたのですが、使われるレース選択が最悪すぎ。。

なぜかダートの短いところばかりを使われていて、芝や長い距離を試そうともしてくれない。

兄弟は芝の長いところで勝っている馬もいるので、できれば違う条件も使って欲しかった。

馬券的にも条件替わりの時は今後狙ってみたい。

 

 

結局、重賞勝ちもできませんでしたし、クラシックにも出られなかったのですが、どの馬も頑張ってくれましたし、1年間楽しませていただきました!

馬券に私情を挟むとあまりいいことがないのですが、これらの馬は今後は追いかけてみていきたいと思います。
もし、ブログ予想で人気なのに重い印を打っていたら疑ってください(笑)

ドラフト制の難しさや、騎手、厩舎の大切さを改めて知ることができました(^^;

今年のドラフトは昨年の反省を生かせるような指名をしたつもりなので、来週にでもまたこのような記事を書きたいと思います!

スポンサーリンク