【日経賞2019 予想】

スポンサーリンク

 

こんばんは!

昨晩は、イチロー選手の引退が発表されましたね。

ブログを書く手を止めて、DAZNに入会してまで最終打席を見届けてしまいました。

 

2019年3月23日に中山競馬場、芝2500mで行われる日経賞(GⅡ)の予想です!

今年の日経賞の主な出走予定馬は、エタリオウ、メイショウテッコン、ルックトゥワイス、サクラアンプルール、ゴーフォザサミットなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→日経賞 展望

 

日経賞 予想

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

内枠さえ引ければ狙ってみたいと思っていたこの馬が本命。

前走は得意の中山競馬だったとはいえ、外回り競馬で最も力が出せる条件ではなかった。

同じ舞台で行われる有馬記念のレースをみても、内枠ならもっと好走できたはず。

蛯名騎手からの乗り替わりもいいほうに働きそうだし、内でロスのない競馬ができれば。

 

対抗〇エタリオウ

ここまでの戦績を考えればここでは能力上位。

ただ、勝ちきれないタイプの馬だし、中山の小回りコースではきっちり勝ちきることは難しいかも。

 

▲ルックトゥワイス

1600万条件をなかなか勝ちあがれなかったが、こだわっていた左回りを捨てて、今回と同舞台のグレイトフルステークスに出走してくると、相手こそ弱かったとはいえなぜいままで左周りにこだわっていたのか聞きたくなるような完勝。

日経新春杯は4コーナーではかなり狭いところに入ってしまったし、外を回す大きなロスがありながらもう少し直線が長ければ勝ち馬を飲み込むような勢いで伸びてきた。

スタートが良くなく、アルゼンチン共和国杯のようなスローの決め手勝負になってしまうとキレ負けしてしまいそうだが、今回はメイショウテッコンが引っ張ってくれる+最終週ということでこの馬にはあった条件で競馬が出来そう。

 

☆メイショウテッコン

逃げないと良さが出ない馬で、菊花賞は逃げずキレ負け、日経新春杯は出遅れてしまい強気に捲る競馬をしたものの、時計のかかる馬場でやや仕掛けが早かった。

前走も捲りに行った脚は見どころはあったし、今回は同型が不在。

この枠を引けて、武豊騎手となればあっさりの逃げ切りがあってもいいはず。

 

△ゴーフォザサミット

青葉賞は非常にいい競馬でクラシックも期待していたのだが、クラシックでは結果を出せず。

休養と乗り替わりがいいほうに働けば好走もありそう。

 

△チェスナットコート

昨年このレース以降全く活躍できておらず、勝ち馬のガンコもその後さっぱり。

昨年の好走はいい時期に当たった感じがあるが、このコースはリピーターが走りやすいレースでもあるし人気がないなら抑えておきたい。

 

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇エタリオウ
▲ルックトゥワイス
☆メイショウテッコン
△1 ゴーフォザサミット
△2 チェスナットコート
×クリンチャー
×ブラックバゴ

 

買い方

 

3連複

◎-〇▲-〇▲☆△1
◎-〇▲-印

ボーナスとして〇エタリオウが2~3着の3連単は少し買ってみたい。

 

スポンサーリンク