【日本ダービー(東京優駿)2019 展望】皐月賞の3強は強い!

スポンサーリンク

日本ダービー 展望

 

2019年5月26日に東京競馬場、芝2400mで行われる牡馬クラシックの第二弾、日本ダービーの展望です!

今年の日本ダービーの主な出走予定馬は、サートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリー、アドマイヤジャスタ、ランフォザローゼス、ダノンチェイサー、リオンリオン、シュバルツリーゼなど。

 

過去5年のデータ

 

牡馬クラシック2冠目であり、最高峰のレースである日本ダービー。

このレースを勝つために馬産が行われていると言っていいほどのレースだが、ダービー=世代最強馬決定戦とはならないというのが現代のダービー。

先週のオークスは牝馬同士の戦いだったし、ジョディーが引っ張って引き締まったいいレースにしてくれたので最後までしっかり走れた馬が好走できたレースになったが、ダービーは「立ち回り」「騎手」「運」が大切なレース。

ダービーはBコースからCコースに変更になることで内が有利になりやすく、5年分のデータを見ても内枠の成績がいい。

穴をあけたパターンはほとんどが内で上手に立ち回った馬ばかりなので、内枠を引いた馬はそれだけで印を回すくらいの思い切った買い方をした方がいいかも。

 

出走馬一言考察

 

サートゥルナーリア

シーザリオ×ロードカナロアという超良血でデビュー前からかなり注目を集めていた一頭。

新馬戦、500万はあっさり勝ったものの相手が強くなく、この兄弟らしい暴走するくらいの気の悪さがなくなんとなく大物感に欠ける印象があった。

暮れのホープフルステークスは先行有利な展開になり、決着タイムは15日の未勝利戦(勝ち馬ヒシイグアス)より遅い2.01.6。
2着のアドマイヤジャスタもすみれ賞ではサトノルークスに負けているし、ホープフルステークス組は評価できないと思っていたのだが、皐月賞では良馬場とはいえ週中の雨の影響が残っている馬場で1.58.1という時計でヴェロックスとの叩きあいを制し皐月賞を優勝。

皐月賞では直線で内に刺さってしまいヴェロックスの進路を妨害してしまい、初の左回りというのが気にはなるが皐月賞のレースを考えると普通に好走してきそう。

 

ヴェロックス

新馬戦のレースぶりから強い馬だとは思っていたが、皐月賞では予想を上回る好走。

川田騎手ということでサートゥルナーリアよりポジションを取ることができそうなので、逆転も期待できそうだがスローの決め手比べになった東スポ杯では4着と唯一馬券外に負けてしまっている。

逆転には内枠を引けないと厳しいのではないだろうか。

 

ダノンキングリー

ひいらぎ賞、共同通信杯と非常にいい競馬をしていたので、皐月賞で本命を打ちかなり期待していたのだが、惜しい3着。

4コーナーでもう少しスムーズな競馬ができていれば逆転もありそうな内容だった。

共同通信杯のレースぶりを見る限り東京コースは向いていそう。

ただ、戸崎騎手がダービーを勝つイメージが沸かない。

騎手の乗り方もかなり重要になってくるレースなので、何も考えなくてもいいポジションを取れるような枠の並びにならないと頭は…

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

正直、皐月賞の上位3頭がかなり強そうなので、内枠を引かないと厳しそうなのですが現時点で狙えそうなのはこの馬くらい。

前走からは大幅な距離延長になりますし、前走は着順以上に内容は良かった。

内枠を引けさえすれば。

スポンサーリンク