【新潟2歳ステークス2019 レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

新潟2歳ステークス 展望

 

2019年8月25日に新潟競馬場、芝1600mで行われる新潟2歳ステークスの展望です!

今年の新潟2歳ステークスの主な出走予定馬は、モーベット、ウーマンズハート、ペールエール、グランチェイサー、ウインカーネリアン、タイムマシンなど。

 

過去5年のデータ

この世代最初のマイル重賞新潟2歳ステークス。

出走予定馬がすべて前走勝った馬だけで構成されており、函館2歳ステークス同様難解なレース。

過去にはハープスターがこのレースで豪快な追い込みを決めて後に桜花賞を制しましたが、有力馬は早い時期にデビューして夏場は休みのが最近のパターンになっており、このレースに有力馬が揃うことは少なくレベルが低くなりがち。

ほぼスローからの末脚勝負になり、低レベルのレースだからといってダラダラと先行した馬が好走できる舞台ではなく決め手を持った馬を狙うのが正解でしょう。

 

出走馬一言考察

 

モーベット

新馬戦はスタートで大きく出遅れながら大外を回って一気に差し切るド派手なパフォーマンスを披露。

追い出してからの反応がいいタイプではなく、長くいい脚を使えるタイプのようなので新潟コースは合っていそうですが、不安なのは気性面。

スタートの悪さも当然気になるところですが、口向きの悪さも気になるところで多頭数の競馬は向いていないだろう。

 

ウーマンズハート

前走は今回と同じ新潟1600m戦で上がり600mで32.0という末脚を繰り出して優勝。

関屋記念で上がり最速を記録したロードクエストですら、31.9の上がりだったのでいくらスローで高速馬場だったとはいえ2歳のこの時期にこれだけの脚を使えるのは能力がある証拠。

直線で内にモタれるシーンもありましたが、すぐに矯正されて真っ直ぐ走っていましたし使われてまだまだ良くなりそう。

 

ペールエール

ポンっと好スタートを決めて内枠からすんなり2番手を確保。

直線は逃げ馬を捉えるだけというスムーズな競馬できっちり完勝。

前走が馬場状態の悪い中京での競馬だったので時計面での評価はしにくいですし、距離延長で新潟替わりになりますが、1600mくらいはこなせそうですしある程度ポジションを取れるのは強みだろう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓

クリアサウンド

このレースはとにかく決め手が重要なレースなので、穴馬を狙うにしても決め手がないタイプでは厳しい。

前走がマイル戦ではないし、全く時計は持っていませんがポジションを確保してしっかり最後まで走り切った前走は見所があった。

 

スポンサーリンク