【新潟記念2019 予想】メンバー揃っても波乱に期待!

スポンサーリンク

 

2019年9月1日に新潟競馬場、芝2000mで行われる新潟記念の展望です!

今年の新潟記念の主な出走予定馬は、レイエンダ、ユーキャンスマイル、カデナ、サトノキングダム、フランツ、ジナンボー、センテリュオなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→新潟記念2019 展望

 

新潟記念 予想

 

夏の新潟で行われれるGⅢのハンデ戦、新潟記念。

イメージ通りに波乱が起こりやすいレースだったのだが、昨年ブラストワンピースが参戦したことでノーザンファームの期待されている馬も出てくるようになった。

今年はレイエンダだけではなく、先が楽しみな馬が揃っていますので今後を占う意味でも大事なレースになりそう。

この時期の新潟の外回り競馬なので、基本的には外差しが決まるレースなのでしっかりとした末脚がある馬を狙ってみたい。

 

本命◎はユーキャンスマイル

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

近走は全く異なる条件を使われてきていますが、キングカメハメハ産駒ですしこのくらいの条件の方が向いていそう。

内回りの競馬ではありましたが、阿賀野川特別ではタイムランクAで勝っていますし新潟コースに適性もありそう。

近走着順がいいので人気になると思っていましたが、想定より人気がありませんしここから狙ってみたいと思います!

 

対抗は○カヴァル

未勝利戦を勝ちあがるのに時間はかかってしまいましたが、新潟コースで初勝利。

500万を好時計で勝ち上がって本格化し、3連勝を決めてこの舞台へ。

左周りでは安定した成績を残せていますし、折り合いに不安もない。

重賞で頼りになる騎手でないのが気にはなりますが、スタートさえ決めてくれれば。

 

▲センテリュオ

前走のマーメイドステークスは低レベルなレースでありながら、追い込みが決まった特殊なレース。

2走前の下鴨ステークスでは内が有利な馬場で外から追い込んであっさり前を交わしましたし、能力は上位。

外枠を引けたのもプラスなはずで、現時点で人気になっているのが気にはなりますが3番手評価。

 

☆アクート

なかなか勝ちきれないレースが続いていましたが、前走は今回と同じコースで32.9の上がりを使いゴージャスランチ相手に勝利。

内枠を引いてしまいましたが、ある程度ポジションも取れる馬ですし有力馬よりも前で競馬ができれば好走は可能でしょう。

 

△サトノワルキューレ

近走は成績を出せていませんが、阪神2400mでエタリオウに勝っているし、開幕週のフローラステークスでの追い込みも強烈なものがあった。

ディープ産駒だけにもう終わってしまった可能性もありますが、狙うなら休み明け一発目のここでしょう。

大野騎手は良くも悪くも後方からじっくりいくタイプですし、無欲の追い込みが決まるかも。

 

△レイエンダ

前走は低レベルすぎて、評価できない。

能力は高いと思うのですが、新潟の直線が長いコースが合っている印象がないので少し評価を下げました。

思っていたより人気になっていないので、正直ルメール騎手というだけで買わないわけにはいかないでしょう。

 

△サトノキングダム

新潟コースは実績もありますし、前走合わないと思っていた福島でも好走できたくらいなので重賞で通用する能力は十分ありそう。

週中ではもっと高い評価をするつもりだったのですが、一番枠を引いてしまったので評価を下げました。

 

△ダイワキャグニー

新潟競馬は初めてになりますが、左周りの競馬は得意だし、スパッと切れるタイプではないので長く脚を使える馬が好走できる新潟は合っていそう。

先行できれば展開にも恵まれそうですが、内枠を引いてしまいましたし内田騎手というのも信用しにくい。

 

△フランツ

京都新聞杯は大きく出遅れて負けてしまいましたが、長期休養を挟んでの自己条件で3戦2勝。

むらさき賞は前残りの展開でしたが、後方から一頭だけ違う脚で伸びてきて差し切り勝ち。

なんとなく罠のような気もするのですが、乗り替わりで人気も落ちてますし買っておきたいのですが、戸崎騎手のこのパターンは来る気がしません!(笑)

 

 

予想印

 

◎ユーキャンスマイル
〇カヴァル
▲センテリュオ
☆アクート
△1 サトノワルキューレ
△2 レイエンダ
△3 サトノキングダム
△4 ダイワキャグニー
△5 フランツ

 

買い方

 

馬連

◎-○▲☆

3連複

◎-○▲☆-印

 

スポンサーリンク