【新潟記念2019 レース傾向と有力馬考察】おすすめ穴馬!

スポンサーリンク

新潟記念 展望

 

2019年9月1日に新潟競馬場、芝2000mで行われる新潟記念の展望です!

今年の新潟記念の主な出走予定馬は、レイエンダ、ユーキャンスマイル、カデナ、サトノキングダム、フランツ、ジナンボー、センテリュオなど。

 

過去5年のデータ

夏競馬のGⅢ戦のハンデ戦ということで、メンバーレベルが低く波乱が起こる印象のあるレースでしたが、昨年3歳クラシックを盛り上げたブラストワンピースが参戦し、集まるメンバーの質が変わってきた印象。

コース替わりのない最終週で行われることで、外枠からの差しが決まることが多く、今年は雨の影響を受けたことが多かったので、差しの決まる馬場になっていそう。

枠順を見てどのくらいのコースを通れるかを考えることが的中に近づくだろう。

 

出走馬一言考察

 

レイエンダ

過剰人気になりやすい馬で、個人的にはあまり好きではないタイプ(^^;

前走のエプソムカップは異常なスローペースでの競馬になり、ほとんど参考にできないレース。

チャレンジカップはともかく、東京新聞杯とメイステークスは騎手が違いましたしお世辞にも良い騎乗だったと言えるものではありませんでした。

ルメール騎手なので持ってきてしまうかもしれませんが、現時点のフィーリングでは評価を下げたい1頭。

新潟の長い直線も合わないのではないでしょうか。

 

ユーキャンスマイル

内回りの2200m戦だったとはいえ、昨年の阿賀野川特別をタイムランクAのタイムで勝っており、新潟コースには適性がありそう。

菊花賞では道中内で行きたがるそぶりも見せましたが、スローペースをじっと我慢して3着に好走。

長距離戦で好走できたことで、長距離戦ばかり使われていますがキングカメハメハ産駒なので長距離がいいとは思えず、好走できているのは相手が弱くスローペースのレースが多かったため。

相手こそ弱かったものの、スタミナと瞬発力が要求されるダイヤモンドステークスでは後方から一頭だけ追い込んできましたし、この条件は向いているのではないでしょうか。

弱い馬相手で着順がとれてしまっているので、人気になってしまいそうなのが気になりますが…

 

カデナ

百日草特別を勝ったときはもっと大物になるかと思っていたが、一年間以上の大ブレーキ。

3走前の福島民報杯から安定して成績を出しており、今回も平坦の2000mというのは非常に合っていると思いますが、近走は展開にも恵まれた部分がありますし、広い新潟コースには疑問も。

どのくらい人気なるかによりますが、間隔を空けた方が良いディープインパクト産駒ですし、人気で狙う馬ではないのではないでしょうか。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓

カヴァル

騎手が不安ではありますが、この馬はいかにも新潟の外回り競馬は合っていそう。

近走のレース映像を見ると、追い出されてからの反応こそ良くないものの長くいい脚を使えるタイプ。

ある程度外枠を引くことができれば、最後までしっかり伸びてきてくれそう。

スポンサーリンク