【新潟大賞典2019 予想】最悪の枠順だが…

スポンサーリンク

 

おはようございます!

3日間開催の最終日も張り切っていきましょう!

昨日の天皇賞は◎グローリーヴェイズ☆パフォーマプロミス△フィエールマンで的中!

と喜びたいところなのですが、この組み合わせは100円しか持っておらず(>_<)

相変わらず、買い方が下手くそ(^^;

もチェアマンズスプリントプライズが印上位3頭で決着したものの対抗〇リトルジャイアントが2着なら大きく跳ねていたんですが…

 

新潟大賞典は難しそうですが、なんとか当てていい形で3日間開催を締めくくりたいですね(^^)/

 

2019年4月29日に新潟競馬場、芝2000mで行われる新潟大賞典(GⅢ)の予想です!

今年の新潟大賞典の主な出走予定馬は、ミッキースワロー、ロシュフォール、メートルダール、ルックトゥワイス、アストラエンブレム、エアアンセムなど。

週中に展望記事もアップしています!

こちら→新潟大賞典 展望

 

新潟大賞典 予想

 

狙っていたルックトゥワイスが大外枠に入ってしまい、ミッキースワローが最内。

ルメール騎手ということでロシュフォールも売れすぎてしまっていますし、予想が難しいレースです。

 

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

最悪な枠順を引いてしまいましたが、この馬を狙ってみたいと思います。

左周りでは勝ちきれないタイプの馬だが、それは瞬発力に欠けてエンジンのかかりが遅いので東京では瞬発力負けしてしまう。

新潟で(2.0.1.0)と好成績を残しており、長くいい脚を使うのは得意なはず。

多少展開が向いて、ロスの少ない競馬ができれば。

 

対抗〇ロシュフォール

こういう馬が1番人気になってルメール騎手にもって来られてしまうから、最近の競馬は難しいと感じるのだが人気さえ考えなければ重賞初挑戦でも通用する可能性は高そう。

アメジストステークスでは好内容で次走1600万を卒業したダノンキングダムにあっさり先着していますし、早い上がりも使えるタイプ。

6番枠と絶好の枠を引くことができたし、好位につけてあっさり抜け出してくるだろう。

 

▲ランガディア

近走は右回りでの連敗で、展開的にも厳しい部分が大きかった。

新潟コースは2戦2勝と得意な舞台だし、鞍上も強化。

条件替わりが上手く嵌まるパターンになりそう。

 

☆ミッキースワロー

ジャパンカップ、有馬記念と重い印を打って期待していたのだが、どちらもスタートで大きく出遅れ。

今回もスタートは遅れそうだが、最内枠なら道中で多少新潟コースだけに直線ではばらけた体形になるはず。

直線の派手さだけでやや人気になっている部分があり、戦績を見直してみると好走しているのが中山2200mだけということでちょっと不安はある。

 

△1 エアアンセム

新潟競馬場は久々になるし、近走7着5着という結果で人気を落としているが、ここ2走は力を出し切れていない。

直線の長い競馬というよりも小回りのほうが得意なイメージがあるのだが、瞬発力タイプではなく長くいい脚を使えるタイプではあると思うので東京よりは合っているはず。

 

△2 クリノヤマトノオー

近走はどちらも差し損ねという内容で、位置が取りやすくなる距離延長はプラスになりそう。

展開が向けば。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ロシュフォール
▲ランガディア
☆ミッキースワロー
△1 エアスピネル
△2 クリノヤマトノオー
△3 スズカデヴィアス
△4 メートルダール
△5 ショウナンバッハ

 

買い方

 

馬連

◎-〇▲☆△1△2

3連複

◎-〇▲☆△1△2-〇▲☆△1△2
◎-〇▲-印

 

スポンサーリンク