【弥生賞2019 展望】

スポンサーリンク

 

こんばんわ!

今週はダメダメでした(>_<)

◎ステルヴィオ、◎ロジクライ、◎メイショウカリンと3Rとも馬券内に来てはくれたのですが、的中はメイショウカリンの複勝のみ。

特に、中山記念は大失敗でした。

◎ステルヴィオまではあっさり決まっていたので、問題は相手と買い方だけと思ってしまったのが良くなかった(>_<)

枠順を見たとき、「週中の予想じゃ当たらないな」と思ったのに結局そのまま買ったのが完全に裏目になってしまいました。

そもそも、GⅠ馬があっさり飛ぶレースなので、広めに勝って高め狙いが正解だったかもしれません。

 

 

弥生賞 展望

 

2019年3月3日に中山競馬場、芝2000mで行われる弥生賞GⅡの展望です。

今年の弥生賞の主な出走予定馬は、ラストドラフト、ニシノデイジー、カントル、サトノラディウス、ブレイキングドーン、ナイママなど。

 

過去5年のデータ

 

 

毎年、少頭数になるレースで今年も登録の時点で11頭立て。(クリノガウディーはスプリングステークスになりそうなので最大でも10頭立てか)

スプリングステークスよりも間隔があいており、同距離で行われるので本来最重要ステップレースとなるはずなのですが、近年は低レベルなレースになることが多く、スプリングステークスや共同通信杯の方が皐月賞での好走馬が多い。

その大きな要因は、少頭数で本番を見据えた後方策を取る馬がいるので、かなりスローのレースになることも多く、本番の皐月賞とはレースの質がかなり異なる。

上がり1位の馬が毎年馬券に絡んでいるので、決め手はあった方がいいが差し損ねも目立つレース。

 

出走馬一言考察

 

ラストドラフト

新馬戦、京成杯と2連勝。

新馬戦はドスローからの切れ味勝負で、ヒシイグアスとエデリーを下して勝利。

京成杯はルメール騎手がロスのない立ち回りで上手く勝たせ無傷の2連勝。

ここ2戦で立ち回り力とスローからの決め手の両方があるところを見せており、このレースの傾向を考えるとピッタリといえる条件だろう。

ルメール騎手は本番でサートゥナーリア騎乗が決まっており、先のことを考える必要がなく、きっちりポジションを取って競馬をしてくるはずで、内枠ならさらに好走率が上がりそう。

低レベルレースになると結局ポジションを取ったルメール騎手が来るというパターンになる可能性は高いだろう。

ここで好走してもらって皐月賞で嫌うというのが現時点での狙いだが、本番ルメール騎手じゃなくなったら人気も急落しそう。

 

ニシノデイジー

札幌2歳、東スポ杯と連勝して世代最上位の能力を証明したが、ホープフルステークスは積極策を取ったルメール、デムーロに負け3着。

能力はあるがスローの立ち回り勝負に強いタイプだとは思えず、積極的に勝ちに来るレースをしてくるとは思えない。

ナイママが意味の分からない暴走をして、縦長で流れるような展開になれば理想だが、そうならないと差し損ねて負けるパターンが目に浮かぶ。

 

カントル

評価が難しいのがこの馬。

前走のセントポーリア賞を見ると、早めに抜け出すと遊んでしまうような部分がある一方、後方からだとエンジンのかかりが悪く差し損ねが多そうなタイプ。

M.デムーロでなければ軽視したいところだが、こういう癖馬に乗るのが上手い騎手なのである程度の評価は必要だろう。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走は、上位馬たちよりも外を回らされる展開になったが、4コーナーでは早めに先頭に立つシーンもあった。

新馬戦では阪神1800mでアドマイヤジャスタに3馬身差をつけて勝っているし、すっと動ける反応の良さも持っている。

内枠さえ引ければ、福永騎手の得意なパターンで頭まで期待できそう。

 

スポンサーリンク