【弥生賞2019 予想】

スポンサーリンク

こんばんは!

五九楽です!

グリーンチャンネルで、桜花賞、皐月馬を予想するコーナーをやっていたので私の現時点の予想を公開してみます!

桜花賞

◎クロノジェネシス
〇アクアミラビリス
▲ダノンファンタジー

皐月賞

◎シークレットラン
〇サートゥルナーリア
▲ダノンキングリー

桜花賞に関しては、このままの印で買う可能性が高いと思います。

皐月賞に関しては、スプリングステークスの内容次第ですが権利さえ取れれば面白い。
スプリングステークスは権利だけ取って負けてくれた方が馬券的には嬉しいかも。

 

2019年3月3日に中山競馬場、芝2000mで行われる弥生賞GⅡの予想です!

今年の弥生賞の主な出走予定馬は、ラストドラフト、ニシノデイジー、カントル、サトノラディウス、ブレイキングドーンなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→弥生賞 展望

 

弥生賞 予想

 

皐月賞とは異なり、スローペースになることが多く立ち回りとスローペースでの瞬発力が求められるレース。

皐月賞には直結しにくいレースなので、あくまでここで走りそうな馬を狙うのが正解だろう。

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走は、位置取りだけで負けてしまった印象で、ここまでのレースぶりを見る限り能力はこの中では抜けている。

今年まだ一度も勝てていない騎手というのは大きな不安があるが3着には来れるだろう。

 

〇ラストドラフト

大物感はないし、良血馬ということで過剰に人気になるので積極的に買いたい馬ではないのだが、今回は好走してきそう。

新馬戦では、スローの上がり勝負の競馬で33.1の脚を使い京成杯では上手に流れに乗って競馬ができた。

弥生賞はスローになりやすく、立ち回り力と末脚が問われるレースになることが多い。

スローの立ち回り競馬できっちりポジションを取ったルメールに好走されるパターンは嫌というほど見てきたし、本番ではルメールはサートゥルナーリアに乗るので、先を見据えずここで勝負してくるだろう。

 

▲ブレイキングドーン

前走はのホープフルステークスは最内を通った馬しか好走できないレースで、この馬はダラダラと外を回りながら4コーナーでは早め先頭に立つシーンも作った。

阪神1800mの新馬戦ではホープフルステークス2着のアドマイヤジャスタに3馬身差をつけて勝っており、能力は相当なものがあるはず。

今回は先行策を示唆しているので、もう少し内枠ならもっと重い印を打ちたかったのだがこの枠ならこのくらいの評価。

 

☆サトノラディウス

葉牡丹賞は3着だったものの、上位2頭が走り過ぎただけ。

小回りが得意そうでないということと、武豊騎手が後方からの競馬を選択すると差し遅れる可能性が高そう。

 

△カントル

最も評価に悩んだのがこの馬。

どんな競馬をしてくるかも読みにくい上に、早めに抜け出すと遊んでしまい、後方からだとエンジンのかかりが悪い。

デムーロ騎手はこういう馬に乗るのが得意だし、きっちり持ってくる気もするのだが他の馬との比較で5番手評価。

 

△ナイママ

しっかり逃げれば展開には恵まれそうだが、基本的にこの騎手を積極的に買うのは…

雨でも降って時計のかかる競馬になればチャンスもありそう。

大穴なので一応抑える。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇ラストドラフト
▲ブレイキングドーン
☆サトノラディウス
△1 カントル
△2 サトノラディウス

 

買い方

 

◎〇は3着までに走りそうなイメージがあるが、どちらも頭で買いたいタイプではないの3連複2頭軸を中心に買う。

3連複

◎-〇-印 (強弱をつけて)
◎-▲-印

 

スポンサーリンク