【平安ステークス2019 展望】

スポンサーリンク

平安ステークス 展望

 

2019年5月18日に京都競馬場、ダート1900mで行われる平安ステークスの展望です!

今年の平安ステークスの主な出走予定馬は、オメガパフューム、チュウワウィザード、サンライズソア、アナザートゥルース、ロンドンタウン、サトノティターン、ハイランドピークなど。

 

過去5年のデータ

 

京都のダート1900mで行われる平安ステークス。

一線級の馬が集まるというよりも、上がり馬やちょっと衰えたくらいの馬が出てくる印象のあったレースだが、今年はGⅠでも通用しそうな3頭が出走予定でレベルの高いレースになりそう。

今年は、ハイランドピーク、チュウワウィザード、マイネルユキツバキ、サンライズソアと先行したい馬も多いので、そこまでスローにはならないと思うのだが、京都の1900m戦は基本的に逃げ、先行が強い舞台なのでスローになればあっさり前残りが決まるかも。

 

出走馬一言考察

 

オメガパフューム

チャンピオンズカップは内を通った馬にしかチャンスがないようなレースで完全に度外視可能。

フェブラリーステークスは距離が短かったし、この馬は3歳時のJDDや東京大賞典の走りを見る限り、瞬発力が求められる東京のダートコースは合わない。

京都1900mという条件は昨年のJBCで2着に好走しているが、今回は59kg。

ここが目標なはずもないので今回は危ないのでは?

 

チュウワウィザード

56kgまでしか経験したことがないので、58kgという斤量を背負わなければいけないのは厳しいが、近走の内容は非常に優秀。

無理にハナにこだわる必要もないし、川田騎手なら上手に先行して競馬をしてくれるはず。

3強で最も崩れるイメージがないのがこの馬。

 

サンライズソア

昨年の勝ち馬ではあるが、昨年は前走のブリリアントステークスで出遅れて惨敗してから不意打ちのような逃げをうちまんまとスローの逃げ切り。

展開に恵まれて好走しているイメージがあり、ここまで結構嫌ってきたのだが負けたのは田辺騎手に乗り替わって人気を落とした前走だけ。(こういうタイプは非常に馬券泣かせ)

ただ、前走負けた原因は田辺騎手というよりは東京競馬の瞬発力勝負に対応できなかったこと。

距離延長はいい方に働くはずだし、先行して粘りこむ得意なパターンに持ち込めば好走できそうだが、スローでなんとなく先行するような競馬だと前を捉えられず、後ろから決め手のある馬に差されそう。

 

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走は大敗してしまったが、初めての遠征に加えレースも「この騎手ならこんな乗り方だよなあ」というロスの多い競馬でのもの。

今回はこの馬の良さを知っている鞍上に戻りますし、得意な京都競馬。

条件戦の内容を考えればここでも通用すると思うのだが。

スポンサーリンク