【小倉2歳ステークス2019 予想】予想の難しい2歳馬の短距離重賞!

スポンサーリンク

 

2019年9月1日に小倉競馬場、芝1200mで行われる小倉2歳ステークスの予想です!

今年の小倉2歳ステークスの主な出走予定馬は、カイルアコナ、ラウダシオン、トリプルエース、ヒバリ、マイネルグリット、カリニートなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→小倉2歳ステークス 予想

 

小倉2歳ステークス 予想

 

夏の小倉で行われる2歳馬の短距離戦。

函館2歳ステークス同様、経験の浅い馬たちの戦いということで非常に予想が難しいレース。

新馬戦をスピードだけで勝ってきた馬もいますし、小倉1200mはハイペースになりやすいのである程度スタミナのある馬を狙ってみたい。

 

本命◎はマイネルグリット

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

新馬戦は長い距離のレースでもスタートから追走に苦労しているように映りましたが、距離を短縮した前走は600m33.5という早い流れでも置いて行かれることなく、前走以上に楽な手ごたえで追走できました。

中京の重馬場のマイル戦で最後まで伸びるスタミナを持っていますし、今回の方がペースが上がったとしてもペースに戸惑うことはなさそう。

前走のタイムが良くない2勝馬ということで、基本的には期待値が高いとは思えませんが時計のかかる馬場なら時計がなくても大丈夫でしょう。

 

○カイルアコナ

じわっとスピードに乗るタイプなので、内枠を引いたらもっと評価を下げてもいいかと思っていたが、内も外も取れそうな中枠を引きましたし外に早い馬が入らなかったので、不利を受けることなく競馬ができそう。

競馬ファンも比較が難しいので、川田騎手で過剰に売れすぎな気も…

飛ぶパターンも考えてこの評価。

 

▲シゲルミズガメザ

未勝利戦を勝ち上がるのに時間がかかってしまったし、騎手とバックグラウンドが地味なので人気になっていませんが、穴ならこの馬ではないでしょうか。

連闘にはなりますが、前走は開催後半の時計のかかる馬場で1.09.0という今回のメンバー最速タイの時計。

人気よりは好走できる可能性が高いと思います。

 

☆トリプルエース

新馬戦は600mの通過が37.7という超スローペースでのもので、今回の参考にはならなそうですが前残りの展開で後ろからきっちり捉えた点は評価できるし、2着馬のレジェーロは次走で後続に差をつけての圧勝。

前走とは問われる適性が異なるので人気で買う馬ではなさそうですが、嵌まれば。

 

予想印

 

◎マイネルグリット
〇カイルアコナ
▲シゲルミズガメザ
☆トリプルエース
△1 テーオーマルクス
△2 ラウダシオン
△3 ヒバリ
△4 ゼンノジャスタ
△5 ホープホワイト

 

買い方

 

馬連

◎-○▲

3連複

◎-○▲☆-印

 

スポンサーリンク