【小倉大賞典2019 展望】

スポンサーリンク

 

おはようございます!

4重賞は多すぎますね(^^;
回顧が間に合わない…

フェブラリーステークスの枠順が決まりましたね!

ただ、かなり予想が難しい枠順になってしまったと思います(^^;;

 

小倉大賞典 展望

 

2019年2月17日に小倉競馬場、芝1800mで行われる小倉大賞典のレース展望です!

今年の小倉大賞典の主な出走馬は、タニノフランケル、クロコスミア、マイスタイル、スティッフェリオ、エアアンセム、マウントゴールドなど。

 

過去5年のデータ

 

 

2016年までは完全に内が有利な馬場状態だったが、近年は開幕週から差しの決まる馬場になることも多い。

先週の競馬を見ている限り、小倉競馬は短距離こそ差しが決まるが、中距離では基本的に先行馬が有利。

今回は先行馬がそろっているので、差しの決まる競馬になるかもしれないが、内をロスなく運べそうな馬を狙ってみたい。

 

出走馬一言考察

 

スティッフェリオ

前走の福島記念は枠順、展開が向いたとはいえ完勝。

典型的な切れない先行馬なのでスタミナが要求されるレースになればなるほどいいタイプ。

もう少し時計のかかる馬場になった方がいいが、ハイペースでも対応できる。

 

マイスタイル

中日新聞杯は完全なる暴走で、福島記念や京都金杯での走りがこの馬の本当の実力。

今回は前に行きたい馬が多いので、非常に競馬が難しくなりそう。

ここはシンプルに騎手で多少評価を落としてもよさそう。

 

マウントゴールド

元々、能力が高いタイプではなく展開利で好走してきたタイプなので、中山金杯のようにスタートで遅れたりしてしまうとあっさり崩れてしまう。

今回は先行馬も多く、まだそこまで人気が落ちそうもないのでもう一度凡走してから狙った方がよさそう。

 

タニノフランケル

中山金杯では人気薄で3着に好走したが、一番枠からすんなり逃げたことに加え、他の馬が力を出し切れなかったのも好走の要因。

前走重賞で好走し、川田騎手なので人気になりそうだが今回は同型が多く苦戦しそう。

 

現時点での注目馬

 

今回注目してみたいのはこの馬↓
(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走も向いた条件だと思っていたが、ほとんど競馬にならず。

今回の条件も向いているはずなので、狙い目だろう。

スポンサーリンク