【小倉大賞典2019 予想】

スポンサーリンク

2019年2月17日に小倉競馬場、芝1800mで行われる小倉大賞典の予想です!

今年の小倉大賞典の主な出走予定馬は、タニノフランケル、マイスタイル、スティッフェリオ、マウントゴールド、レトロロック、エアアンセム、ケイティクレバーなど。

 

週中に展望記事もアップしています!

こちら→小倉大賞典 展望

 

小倉大賞典 予想

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

前走の負けは乗り方が悪く、力を出せなかっただけ。

今回は、マルターズアポジーをはじめとして逃げ馬が非常に多くハイペースが濃厚。

内でじっとして脚を溜められればこの馬が最後に伸びてくるはず。

どん詰まり以外なら好走できる。

 

〇スティッフェリオ

上がり勝負は得意ではないが、スタミナ勝負や立ち回り勝負は得意。

先行して早め押し切りの競馬ができれば。

 

▲レトロロック

展開、枠順、小倉適性を考えれば好走しても良さそう。

ただ、異常に売れておりそんなに妙味のある馬ではないかもしれない。

 

☆マイスタイル

中日新聞杯は暴走での負けで度外視でいい。

力を出し切れれば、今回のメンバーでも上位なのだが出せるかどうかは戦績通り五分五分といったところ。

 

△1 マウントゴールド

前走は出遅れてしまい、全く競馬にならず。

当然、度外視でいいが自分の型にはまらないと脆いので、先行争いが激しくなりそうな今回、力を出しやすい条件だとは言えないだろう。

 

△2 ナイトオブナイツ

スパッと切れないがじわじわと最後まで伸びてくるタイプ。

ハイペースの小倉での競馬というのは合っているだろう。

 

△3 ケイティクレバー

逃げてこそという馬だったが、近走では脚質の幅が出てきた。

ここ2走はレベルの低いレースでの好走で、高い評価はできないがハイペースは合っていそう。

上手く流れに乗れれば。

 

△4 タニノフランケル

前走の中山金杯は最内枠からすんなりの逃げで3着。

この馬が上手く走ったこともあるが、後続の馬がほとんど力を出せなかったのも好走の大きな要因。

今回は、同型が多く厳しい展開になるだろう。

 

△5 マルターズアポジー

玉砕覚悟タイプの逃げ馬だけに着順の数字が大きくなってしまうのは仕方ないのないところ。

近走に比べると相手はともかく、逃げが決まりやすいコースに変わるので一応抑えておきたい。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇スティッフェリオ
▲レトロロック
☆マイスタイル
△1 マウントゴールド
△2 ナイトオブナイツ
△3 ケイティクレバー
△4 タニノフランケル
△5 マルターズアポジー

 

買い方

馬連、ワイド

◎-○▲☆

3連複

◎-〇▲☆-印

本命馬は好走してくれそうだが、相手が難しいので複勝の配当次第では複勝でもいいかもしれない。

 

スポンサーリンク