【宝塚記念2019 予想】今年は荒れない!?

スポンサーリンク

 

2019年6月23日に阪神競馬場、芝2200mで行われる宝塚記念の予想です!

今年の宝塚記念の主な出走予定馬は、レイデオロ、キセキ、アルアイン、リスグラシュー、スワーヴリチャード、エタリオウなど。

週中に展望記事もアップしています!

こちら→宝塚記念 展望

 

宝塚記念 予想

 

春のグランプリレース宝塚記念。

今年はGⅠ馬こそ6頭揃いましたが、天皇賞春の上位や4歳馬は不在。

宝塚記念は東京開催の連続GⅠで求められた「立ち回り力」や「瞬発力」という現代競馬で必要とされる能力ではなく、時計のかかる馬場でしっかり走りきれるかが重要になってくるレース。

高速馬場やスローの立ち回り競馬では力を出せない馬を狙ってみたい。

 

本命◎は[最強]競馬ブログランキングへ

(お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。馬名はブログ紹介欄に記載しています。)

想定以上に人気になってしまっていますが、いかにもここで走ってきそうなこの馬を本命にします!

不器用で勝ちきれないタイプですが、そういう馬が勝ってしまうのが宝塚記念。

ダービー、菊花賞、天皇賞春と立ち回りが要求されるレースばかり使われて来ており、ようやくこの馬に向いていそうなレース選択となった。

横山騎手だけにどんな競馬をしてくるかわからないところもあるが、上手く嵌れば頭まで。

 

 

 

対抗〇キセキ

昨年の秋は勝てこそしなかったものの、4連戦をしっかり戦い抜いた。

春はここを目標にゆったりとしたローテを組まれているし、大阪杯はスローの逃げしか出来ない戸崎騎手にハナを譲る形になりこの馬の持ち味が出せなかった。

ただ、スタートが早い馬ではないので最内枠が良い方に転ぶとは限らないし、逃げ馬がとしての地位を確立してしまい人気にもなるので、マークも厳しくなりそう。

 

▲リスグラシュー

この枠を引くことができたのなら、スムーズな競馬をすることが出来そう。

牝馬ではありますが、力の要る馬場ではこれまで連対を外していませんし今の馬場は合っているはず。

国内の競馬を使っていないので評価は難しいところがありますが、金鯱賞の内容は非常にいいものだったし、レーン騎手もここを勝って締めたいはず。

 

☆レイデオロ

血統表にサンデーサイレンスが入っておらず、ダービーを勝っているが、ルメール騎手が完璧に乗ったことが大きくイメージより瞬発力に欠けるタイプ。

ドバイでの負けも海外での競馬であり、逃げる形になってしまったこともあるが、スローの決め手比べになったことが良くなかった。

宝塚記念というレースは向いていそうだが、内枠を引いてしまったのはマイナスになりそう。

海外帰りで状態面の不安もあるし、この評価にしました。

 

△スワーヴリチャード

この馬も不器用なタイプなので、外枠から競馬ができるのはこの馬にとっては大きなプラス。

力を出しきれないとあっさり負けてしまう馬だが、ある程度ペースが流れて縦長になればこの馬にとっては理想的と言えるだろう。

 

予想印

 

[最強]競馬ブログランキングへ
〇キセキ
▲リスグラシュー
☆レイデオロ
△スワーヴリチャード

今回は印を絞って勝負します!

 

買い方

馬連

◎-〇▲☆△

3連複

◎-〇▲☆△-〇▲☆△

 

スポンサーリンク